トルコ@気のむくままにっ記

トルコ北東部、観光ガイドには載っていない田舎で、の~んびりした毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お灸 7月26日

2ヶ月くらい前から、鍼灸を始めました。
職場の2階でやってもらえるけど、近すぎてなかなか行けない!(笑)
なので、やり方を教えてもらって家でやっています。

きょうはお灸の紹介。
木づちみたいな形の道具に差し込んで使う棒灸と、小さいものは貼り付けるタイプ。
せんねん灸を買うとこんなの入ってるけど100均で見つけてこっち方がお値打ちなのでコレ使ってます。
pdi080726a.jpg
鍼灸の先生に初めて貼り付けタイプのお灸をお腹にやってもらったとき、「熱くなったら言ってね」と言われていたけど、じわ~~~っと温かくてあまりに気持ちがよくて、気がついたら火が消えてて・・・火傷してましたー!
冷え性がひどくて、熱さも感じないくらいお腹の中から冷えていたのでしょうか?

棒灸の方は、こうして足のツボ(三陰交)を温めます。
pdi080726b.jpg

今日は休みだったので、沖縄名物(?)タコライスを作ってみました。
pdi080726c.jpg
タコス味のごはん(ライス)でタコライス。タコは入ってないよ。
そろそろお料理ブログも更新しないとなあ。。
スポンサーサイト

ノーコメントで・・・ 7月24日

ぼちぼちマイペースで更新していこうと思っていたら、7月も残り1週間ほど。
日本での生活はトルコの生活に比べて、仕事をしているせいか、同じ24時間なのに短く感じます。

ちょっと心が不安定なのもあって、更新が滞ってしまっていました。
何からどう書いていいのか分からなくて、、
読んでくださる方は、以下、さらっと適当に読み流してください。


トルコではイスタンブルにあるアメリカン病院を2回受診したけれど、遠くて通院が難しく、治療を断念。
1月20日に日本帰国、23日には以前から通っていた婦人科を受診し、不妊治療を再開しました。

何年も前から、ときどき休みながら治療はしていて、平成16年の12月には体外受精の説明を夫婦で聞いていました。

日本帰国後は、最後の望みをかけて体外受精(卵子と精子を一緒にして授精させる)、顕微授精(卵子に1つの精子を注入して受精させる)をすることにしていたのです。

体外受精に自信がなかった私は、はじめから顕微で確実に授精させる方法を選びました。

1回目の顕微授精(2月):1個採卵、受精卵はできたけど発育が遅れつつあって、お腹に戻っては来たものの、結果はダメでした。
2回目の顕微授精(3月):2個採卵、どちらも卵子は黒っぽく、受精させても進展なし。
3回目の顕微授精(4月):1個採卵、変性卵で授精不明。
4回目の顕微授精(5月):1個採卵、授精進展なし。
5回目の顕微授精(6月):採卵してみたものの1つも卵子採れず。

5回の顕微授精に失敗。
卵子の問題だけでなく、他にも問題があり、顕微だから簡単に赤ちゃんができるというわけではなかったです。

医師から勧められたレーザー治療を開始し、体質も変えなければ・・
そう思って、鍼灸、漢方、マカエキス、ざくろエキス、ルイボスティ、良いと聞くものは手当たり次第試してみました。

6回目は医師と相談して、体外受精にチャレンジすることになりました。
何にどれほどの効果があったのか、体質改善から、わずか1~2ヶ月しか経っていないのに、今までにない良い状態で、6月28日に採卵、なんとか受精卵ができて、7月1日に胚移植。
私たちの赤ちゃんの卵が5ヶ月ぶりにお腹に戻ってきてくれました。

卵が落っこちないように、ずっと寝ていたかったのが正直な気持ち。
でも、そんなわけにも行かず、、
車に乗るのは控え、摺り足で歩いたり、ヒマさえあれば横になったり。

こうして7月9日、1回目の判定日を迎えました。
血液検査の結果、「妊娠の可能性がある数値だったので、流産止めの注射しておきますから、2日後2回目の判定に来てください」と。
嬉しさよりも信じられない気持ちの方が大きく、奇跡が起きることを願いました。

そして7月11日、2回目の判定日。
結果は、数値が下がっていて、「残念ながら」
奇跡は起きませんでした。

今までで一番妊娠に近づいたけど、流産しかかっていると言うことでした。
多くの女性が知らないうちに経験している、化学流産らしいです。

神様から授かった命はたった10日間ほどでした。
この世に生まれてくることはできなかった私たちの赤ちゃんの卵。
何もしてあげられなかったことが辛く、結果はダメだったけど、奇跡は起きていたんですよね。
赤ちゃんの卵が少しでも生きていてくれたのだから。


6回続けてきた治療は、1回お休みして再開する予定です。
少しでもお腹にいてくれた喜びを支えに、これからの治療、またがんばっていけそうです。


お付き合い、ありがとうございました。
この記事に対するコメントは受け付けておりません。

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

シィ

シィ

シィのBlogへようこそ♪
メインサイトへは、リンクの『トルコのここ!』からどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。