トルコ@気のむくままにっ記

トルコ北東部、観光ガイドには載っていない田舎で、の~んびりした毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑へ 3月29日

畑に行きました。
今日は仕事ではなく、ただ様子を見に。
畑に行く方法はいくつかあって、今日は上から、ジープを道の端に止めて歩いて入りました。
pdi070329a.jpg
こんなところを通ります。
pdi070329b.jpg
この辺りに住む人たちは、ウチの畑と隣の畑、この道(?)を歩いて買い物に行ったり、病院に行ったり、ご近所へ行ったりします。

ヘーゼルナッツの葉が随分大きくなっていました。
pdi070329f.jpg
畑は見違えるように、緑、みどり、ミドリ!
pdi070329k.jpg
3月10日のヘーゼルナッツはこちら。2月19日の畑はこちら

ヘーゼルナッツは、一本ではなく、十数本~数十本で生えています。
pdi070329g.jpg
2ヶ月後くらいに、これを十本程度になるよう手入れします。

2月19日に植えた白イチジクに、小さな芽が顔を出していました。
pdi070329e.jpg
この夏、実をつけてくれるかな?

野いちごの花が咲いていました。
前に撮ったコレは野いちごじゃなかったのかな?
pdi070329h.jpg
1ヶ月くらいすると、野いちご狩りができます。

この花は、今の時期パザルで売られています。
pdi070329i.jpg
食べれるらしいのですが、調理法がわかりません。
だから、採ってきませんでした。

エリカも咲いています。
pdi070329j.jpg
日本で売られているものは可愛らしいけど、ボーボーに生え過ぎて可愛くありません!

畑の帰りは、急な上り坂なので疲れます。
pdi070329d.jpg
スポンサーサイト

始めまして 3月28日

買い物に出かけたときに寄ったイスマイルの店で、イスマイルから「アイシェヌル(義姉の次女)が病気で、今日は学校を休んでいる」と聞きました。
買い物の帰りに寄ってみよう。

買い物をする前に、アタトゥルク公園に行ってみました。
天気は良かったけど、冷たい強風で寒かった!
pdi070328d.jpg
昨日までの雨で、海の色が3色になってました。わかるかな?

パンジーとチューリップが植えてありました。
pdi070328b.jpg
でも、チューリップはまだ寒そうですねー。

先月の桜、桜じゃなかったみたいです!
pdi070328c.jpg
赤い葉っぱに赤い実…唐辛子!?な訳ないでしょ

買い物を済ませ、、
アイシェヌルの病気って、何?
そう思って行ってみると、アイシェヌルは風邪を引いたみたい。
ウチでネックレスを作ったときに「イスマイルからうつされた」と言っていました。
可哀そうに。。
でも、少し咳は出るみたいだけど、元気そうでした。

メリケ(義姉の長女)とふたりで街に出かけました。

街で見かける気になるマネキン人形。
pdi070328a.jpg
ブサイクなのに、なぜかカワイイ♪

用を済ませて帰るはずが、メリケの彼氏宅に途中下車。
前に一度お邪魔したことあるけれど、初めて会う人(彼氏の母と彼氏の祖母)がいました。(メリケの彼氏はいませんでした)
始めましての人は、いろいろ聞くから嫌です。
メリケと一緒だから、私の代わりにメリケが答えてくれるけど、凄くストレスが溜まります。
こんなとき、トルコ語なんて知らない方が、何話してるのかわからなくて気が楽でいい!と思ってしまう。

リベンジせんべい。
pdi070328e.jpg
冷蔵庫で眠っています。。

風邪薬 3月27日

まだ風邪が治らないようで、夕食後に薬を。。
タブレットを飲んだすぐあとに、粉を湯で溶いて飲む薬も飲むって言うんです。
病院に行って処方されたものじゃなく、薬局で別々に買ってきた薬なので、どちらも風邪薬だから同じ成分が入ってるんじゃないかと心配になりました。
致死量というトルコ語を知らないので、
「何でも飲めば治るってもんじゃなくて、同じものが入っとったら体に多すぎて死ぬことだってあるんやよ!」
そう言ったけど、頑固なイスマイルは聞いてくれません。
薬の箱を見てみると、
タブレットの方には、Parasetamol 650mg
湯で溶く薬の方にも、Parasetamol 500mg
やっぱり、どちらも同じものが入っていました。
Parasetamolが何なのかわからなかったので、つい最近までナースのお仕事をしていたメリケに電話して聞いてみました。
が、わからないって、、、何勉強してきたんだよ!
薬局で働いている親戚に電話をしようと思ったけど、午後10時を過ぎていたので、迷惑だと思って諦めました。
何が書いてあるのかさっぱりわからない効能書を広げて、、やっぱ??
それでもタブレットの効能書に、1日に4時間おきで6回まで飲んでもいいと書いてあるのを見つけました。
650mg×6回ということは、今日は粉500㎎を2回しか飲んでいないので、量的には大丈夫。
イスマイルを納得させて、少し時間を空けてから湯で溶く薬を作ってあげました。

前の、私がうつした風邪は1日で治ったけど、今回は今日で4日目。
見る限りではピークは過ぎたようだけど、食欲があまりなく、大好きなビールが飲めず、タバコも控えめ。
風邪が治ってもこれが続けば、よく育っているお腹が凹んでダイエットできて、健康にもいいのになー。って、ヒドイこと言ってる?

昼に小腹が空いたので、久々にみたらし団子を作りました。
pdi070327a.jpg
これで、せんべい作りにも挑戦!
pdi070327b.jpg
かたやきせんべいになってしまいました!
やっぱ、レンジでチン!ではダメなようです。
リベンジするぞ!!

トルコ料理 3月25日

午前8時半に起床。
午前9時頃に朝食を食べていて、気付いた。
サマータイム!!
すっかり忘れていたけど、今日からサマータイムで1時間早くなり、午前9時だと思っていたけど、午前10時!
あー1時間損した気分。

ヒマだったのでベーキングパウダーで作る試作パンを焼いていると、珍しくエミネイェンゲ(2番目の義兄嫁)から電話がかかってきました。
エミネイェンゲ:アイシェ(義妹)が来ているから、いらっしゃいよ。
シィ:今、手が話せなくて。
エ:何してるの?
シ:お腹が空いたから、ご飯作ってる。
エ:ケシケキがあるから、ウチに来て食べたら?おいしいわよ。
シ:あ矢印
行きたくなかったけので、上手く断ろうと思ったのに。。
他に断る理由が見つからなくて、あとで行くことにしました。
※ケシケキというのは、焦がしバター&塩味の麦お粥↓
ymk_keskek.jpg
これは私が作ったものです。(バターが焦げてないけど)

試作パン
pdi070325d.jpg
シナモンミルクティ㊤と黒オリーブ入りHOTフォカッチャ㊦

ヒヨコマメを茹でていて、フムスを作ろうと思っていたので、いつもご馳走になるばかりだから、仕上げて持っていくことにしました。
※フムスはヒヨコマメとゴマペーストが入ったディップ(?)レシピはこちら
pdi070325e.jpg

義兄の家に着き、エミネイェンゲとアイシェに「フムスを作ったから持ってきた」と渡そうとしたら、「日本料理?」と言われてしまいました。
二人はフムスを見たことも聞いたことも、もちろん食べたこともなかったようです。
アイシェと一緒に来ていた親戚のぺリハンがフムスという料理があることだけ知っていました。
ヒヨコマメで作ったと説明したら、エミネイェンゲが「ウチではヒヨコマメは食べない」と。
アイシェとぺリハンは、一口食べてから、二口三口と食べてくれました。
エミネイェンゲは一口食べて、もういらないみたい。

ぺリハンが、クッキーを作っていました。
焼く前ですが、ブルサクラビイェスィ(ブルサのクッキー)だそうです。
ブルサはイスタンブルの近くにある町で、ブルサ名物なのかな?
pdi070325c.jpg
材料のメモも一緒に撮ってきました。レシピはこちら

甥っ子達が、インターネットゲームで遊んでいました。
pdi070325a.jpg
村に住む3番目の義兄の三男ユヌス エムレ㊧、アイシェの長男エルデム㊨

しばらくして、遅めの昼食なのか早めの夕食なのか、準備ができてテーブルに呼ばれました。
pdi070325b.jpg
私が持っていったフムスは、アイシェがテーブルに置いてくれました。
少し遅れてきた、アーデム(アイシェの夫)もフムスを食べてくれ、一皿はなくなりました。
もう一皿は、、
アイシェたちが先に帰り、私は遅くまでお邪魔していました。
帰るときエミネイェンゲに「食べないなら持って帰るけど」というと、やっぱり食べないようで「ありがとう。一口食べたからもういいわ」だって。

あちこちにお邪魔しては食事をご馳走になるけど、どこに行っても同じ料理が出てきます。
偶然?
いや、そうじゃなくて、他の調理法を知らないだけなんじゃないかな。
冒険もしないし、レパートリーが少ないと思う。
だから、子供達は好き嫌いが激しかったり、オリーブと白チーズで満足できるみたい。
その子供達が大人になって自分の好きなもの、食べたことあるものを作るから、同じ料理しか出てこないのかな?
もっと、いろんな料理を作ってもいいのに。
多分、トルコで暮らす日本人の方が、トルコ料理を沢山知っていると思う。

アイシェヌル 3月24日

掃除をしているとインターホンが鳴り、イスマイルかと思って出てみたら、アイシェヌル(義姉の次女)。
アンネ(義母)でも連れて来たのかと思ったら、ひとりでした。
この時間にひとりで来るなんて、珍しい。
どうしたのかと思って聞いてみようと思ったけど、聞いていいのか悪いのか。
そう思っていたら、、私が最初に作った物と同じヘンプのネックレスを作ってみたいと言いました。
学校の先生が似てるものを作って持っているので、自分も作って見せたいらしい。
人に教えられるほどではないけど、カワイイ姪っ子のため。断るわけにはいかない。
一緒に材料を買いに行き、家に戻って早速ネックレス作り♪
と思ったら、ビーズを取りに行ってくると言って、家に戻ってしまいました。
アイシェヌルが好きなチーズスティックパンを作ってあげようと、待っているうちにパン生地作り♪
1次発酵のために容器に入れたところで、アイシェヌルが戻ってきました。
手にはビーズとお菓子。
前にマシュマロを作ったことを覚えていたアイシェヌルは、私にマシュマロを買ってきてくれました。いい子だ
右結びと左結び(←というのかどうか知らないけど)を教え、アイシェヌルに代わりました。
さすが器用なトルコ人、編み物上手なアブラ(義姉)の娘だけあって、なかなか筋がいい!

2人で編み編みしていると、ガチャガチャ!突然、玄関のドア(オートロック)が開いた!?
凄ーくビックリしたけど、イスマイルでした。
昨日から風邪を引いていて、鼻水ダラダラで目はうるうる。
帰ってきたなんて、よっぽど調子が悪いらしい。
昨夜は鼻水が止まらなくて眠れず、ソファーに横になったらすぐに眠ってしまいました。

少し眠って起きたイスマイル、お腹が空いたみたい。
私たちもまだ食べていなかったので、アイシェヌルにパンとチキンを買ってきてもらい、チキンはアイシェヌルからいつも食べている作り方を教わり、焼きました。
同じころにパンが焼きあがり、ちょっと遅めの昼食。
アイシェヌル作*焼きチキン
pdi070324b.jpg
チーズスティックパン
pdi070324c.jpg
後片付けをして、ネックレス作り再開。で、完成しました!
アイシェヌル作*手づくりネックレス
pdi070324a.jpg
色使いがアイシェヌルにぴったり♪

イスタンブル~5日目*前編(3月7日)

昨日用事も済ませたし、イスタンブルにいる意味がなくなったので、帰ることにしました。
イスマイルはユスフアビィと二人で、親戚に頼まれたボートのエンジンを取りに行き、私は戻ってくるまでに荷物をまとめ、身支度をしました。
午前11時に戻ってきたイスマイル。
荷物を運び、壊れているけど直せばまだまだ使えるミシンをもらい、ユスフアビィとヌランアブラにお別れをしました。

こっちに来て、一度も会えなかったヤセミンの家へ(見せるほどではないけど)顔を見せて、お別れだけ言いました。

折角イスタンブルまで来ているのだからと、知り合いのジープの店にも寄りました。

イスタンブルを出たのは午後1時半頃。
「お腹も空いたし、何食べる?」と言いながらも、イスマイルの頭の中はマック!
実は、私も同じこと思ってたりして、意見一致でマックまで昼食お預け。
高速を走り、午後2時過ぎ、ようやくマックが見えてきました。
pdi070307a.jpg

pdi070307b.jpg
ゆっくり食べていては、FATSAに買える時間が遅くなってしまうので、運転しながら食べるからと、お持ち帰りを注文

++トルコマックメニュー++
pal070307h.jpg
↓Tavukluはチキン入り
pal070307i.jpg

pal070307j.jpg
↓これもチキン。こっちはパンにはゴマがついている。
pal070307k.jpg
↑これは日本にはないメニュー?
pal070307l.jpg

pal070307m.jpg
↓㊧は七面鳥!
pal070307n.jpg

pal070307o.jpg
↓子供向け
pal070307p.jpg

イスタンブル~4日目(3月6日)

早起きしました。
イルハンはいつもより出勤時間を遅らせて、私たちに合わせてくれたのだけど、午前7時半出発。
起きて、身支度をして、3人で出かけました。
イルハンの運転。
昨日タクシーで走った道を走ってる?(←何となく憶えている)
イスマイルも同じことを思ったようで、タクシーの運転手さんは騙してなんかいなかったー!疑ってゴメンナサイ。

イルハンの職場についてから、前にあるお店でトーストを頼み、事務所へ。
そこで朝食をいただき、午前10時になるのを待ちました。

時間が近づき、イルハンの案内で。。
そして、用事を済ますことができました。

帰りはタクシーでバス停まで。
タクシム広場の近くを通ったので、そこで降ろして欲しかったなー!
ガイドブックの地図を見てたけど、遠回りしていたように思いました。(←被害妄想?)
バス停に着き、タクシーの運転手さんは、反対車線の方から乗るんだと教えてくれたので、向こう側に渡ってバスを待ちました。
が、行き先のバスが来ても断られ、断られ。。
近くの人に聞いてみたら、反対側で乗るのだと教えてくれました。
今回はやっぱり騙されたか?

バスには(当たり前だけど)騙されることなく、無事家に到着。
少し休憩して、ムラットの案内で昨日の大型スーパーへ。
昨日行かなかった食料品売り場で、FATSAでは買えないものをいっぱい買いました

イスタンブル~3日目(3月5日)

イスタンブルに来た目的を果たす日。
友達が車で近くまで行くと言うので、イスマイルと一緒に乗せてもらいました。
途中から渋滞になり、なかなか進みません。
偶然隣にタクシーが止まり、友達が「ココから先は方向が違うので、タクシーで行って」と言うので、タクシーに乗り換えました。
狭い道、アップダウンの激しい道、グルグル同じところを回っているようで、「騙される~!」って心の中で叫んでいました。
ようやく到着し、6.00YTLほどの支払い。
あの辺からだと、これくらいかかるらしい。
でも、騙された気がしてなりません。

イルハンの事務所。
そこで聞いたのは、明日の10時ごろのほうが都合が良いということ。
折角出て来たのに、また明日、出直すことになりました。

どこかに行こうにも、道がわからないし、行き先もわからないので、結局帰ることになり、イルハンの会社の人が家まで送ってくれました。

学校が午後12時までらしく、ムラットが帰っていました。
イスマイルはムラットと出かけ、私は家へ。
ヌランアブラは、こんな時間から夕食の支度をしていました。
今日は朝から出かけたし、明日も出かけるし、お世話になりっぱなしなので、お手伝い。
と思ったけど、私のできることはないらしい。
やることもなく、ぼーっとテレビを見て過ごすだけの贅沢な時間を過ごしました。

午後3時半ごろになってから、ムラットの案内で、オトガル(バスターミナル)のすぐ近くにある大型スーパーに行きました。
日本の大型スーパーよりは小さいけど、あんな感じ。
あちこち見て回って、スポーツ用品のボール売り場を通りがかったとき、売り物のボールで遊ぶ外国人男性2人。
どう見ても、東アジアの…
「日本人ですか?」なんて聞いてみると、日本人でした。
東京と名古屋の人で、一人旅で出会ったんだそう。
「よい旅を~」とは言ったけど、それにしても、そんなとこで遊ぶなよ!恥ずかしい!!

小腹が空いたので、飲食コーナーに行きました。
夕方だし、ヌランアブラが美味しい夕食を作ってくれているので、と思ったけど、3人ともしっかり食べてました。

家に戻ってから、1時間ほどで夕食。
さっき食べたばかりだったけど、美味しくていっぱい食べてしまいました。
日に日に胃袋が大きくなっています。

イスタンブル~2日目(3月4日)

今日はイスマイルとは別行動。
イスマイルはイルハン、ムラットと一緒に、友達に会いに行きました。
私はユスフアビィ、ヌランアブラと一緒に、(義)従姉のサニイェアブラ、旦那さんのタフスィン(おまけで孫のカァンがついてきた)を迎えに行き、嫁いだ長女イルキヌルがいるÇorluへ。
イスタンブルから、更に西へ行くのは初めてです。
map070304.gif

地図で見ると近いように思えるけど、100㎞くらいあります。
イスタンブルを出てしばらくすると、周りにはキレイな緑の絨毯が広がっていました。
何の畑かな?と思いながら、ボーっと眺めていて、写真を撮ってないことに気付いたら、遅かった。。
pdi070304a.jpg
こんな、な~んにもない所を移動していました。

約1時間半で、ある町に着き、どうやらそこがÇorluらしい。
街からチョコチョコっと入ったところに、イルキヌルが住む家がありました。
イルキヌルの旦那さんが先生で、仕事の都合でココに住んでいます。
数日前からイルキヌルの舅姑さんが、他に3人のお客さんも来ていました。

トルコに住んでいる割にはトルコ語が上達していない私だけど、久しぶりに会って、前よりは少し理解できるようになっているので、みんな喜んでくれました。
そして、トルコ語の次はグルジア語も勉強!といいながら、いくつか教えてくれました。(トルコ人だけどグルジア人なのです)
ッツァリ??(←発音も難しいけど、文字にするのも難しい!)
水のことらしい。
あとは忘れました!

遅めの昼食をご馳走になり、その後も話、はなし、ハナシ。。
pdi070304b.jpg
家の前は、建物で囲むようにして公園が。

退屈になったカァンは目の前にある公園に行きたくて仕方がないようで、タフスィンアビィを誘ったり、ユスフアビィを誘ったり。
誰からも相手にしてもらえなくて、見ていて可哀そうになりました。
私も退屈だったし、カァンのそばに行き、「公園行く?」と言うと、飛び上がるようにして立ち上がり、上着を着て公園へ。
よっぽど行きたかったようで、素早い行動でした。
ブランコ、滑り台、シーソー、ジャングルジム、次々と乗って遊んでいました。
嬉しそうに遊んでいるのを見て、こっちまで楽しかったあ~♪

日が暮れてきた頃、キッチンに呼ばれ、行ってみると。。
お土産で作って持ってきたオレンジチョコチップクッキーがこんなところに!
ヌランアブラが持ってきたようで、作り方を教えて欲しいと、作ることになりました。
いつもはグラムを量って作るので、コップやスプーンで量って作るのは慣れていません。
心配だったけど、それでも何とか出来上がりました♪
レシピもイラスト付きでわかりやすいように書いてあげました。
次、作れるかな?

pdi070304c.jpg
イルキヌルの次女

イスタンブルに来て、イルキヌルにも会えて、いい一日でした。
午後8時ごろまでお邪魔していて、家に着いたのは午後10時近く。
イスマイルたちの方が先に帰っていました。

イスタンブルへ~1日目*到着 (3月3日)

到着した(義)従兄宅に荷物を運び、ほっ

++窓からの風景++
pdi070303l.jpg

pdi070303m.jpg

pdi070303n.jpg

【ちょっと家族構成:従兄*ユスフ、奥さん*ヌラン、長男*イルハン、次男*ムラット、一番上の長女*イルキヌルはすでに嫁いでいます】

リビングに行ってみると、掃除機が出しっぱなしで、掃除の途中だったよう。
ヌランアブラが掃除機を…掃除し始めました。
『掃除機掃除』ではなく『掃除機掃除』
キレイ好きなトルコ人らしい。
初めてトルコに来たときに、初めて入ったトルコ人の家がココ。
アレから随分経ち、壁はペンキを塗り替え、床も張り替えてあるけど、
何度お邪魔してもいつもキレイです。

…と、気付いてみれば、イスマイルの姿がありません!
いつもの事だけど、イスタンブルに来てまでも、家でじっとしていられないみたいです。

やることもないので、夕食の支度を手伝おうとすると「疲れてるんだから、ゆっくり休んで」と言ってくれ、お言葉に甘えて。。
しばらくして、「外に出かけよう」と誘われ、ユスフアビィ、ヌランアブラと共に出かけました。
近所のブティックの外には花やら風船やらピエロもいて、派手なセールをやっていました。(オープンしたのかな?)
いい感じのTシャツを見つけたけど、ちょっと若向きだったので諦めました。
年齢に合わせようとするとオバサンっぽくなる(←すでにオバサンだけど)し、私の年齢は、洋服選びが難しいです。(と、勝手に思い込んでいる。オバサンだと認めれば、洋服選びなんて難しい事ではないと思うけど)
布地屋にも行きました。
都会のイスタンブル。。でも、布地はどこでも同じなのか「トルコ人ってどうしてこんな柄が好きなの?」って思うほど趣味の悪い柄だらけ。
それでも売れるから、ある意味スゴイ。
次に行ったのは香辛料屋。
大量の香辛料、見たこともないものばかりでした。
欲しかったけど、何が欲しいか、どれを買っていいのかわからなくて、買えませんでした。

買い物から戻って、すぐ、イスマイルたちも帰ってきました。
夕飯を一緒に食べられるように戻ってくるなんて、少しは気を遣っているのかしら?

夕食はスゴイご馳走【メニュー:グリーンピースの煮、肉じゃがトルコ風、ほうれん草炒め、パンジャルサルマス、ひよこ豆煮、焼きチキン、ヨーグルト、ピラフ、パン、デザートにストゥラチ】で、お腹いっぱいいただき、大満足♪

食事が終わると、またイスマイルはイルハン、ムラットを連れて出かけてしまいました。
やっぱり、じっとしていられないみたい。。

ヌランアブラと私は、持ってきた野菜をキレイにして分ける作業をしました。
ヌランアブラは「この野菜を向こうに持って行って」「あの野菜を向こうから持ってきて」「このゴミを捨てて」と、テレビを見ていたユスフアビィに言って、自分は動きません。
そして、コーヒーも入れてもらいました。
ユスフアビィは笑いながら文句は言うけど、でも、何でもやってくれる、ヌランアブラにとっては優しい旦那さまデス。
ふたりを見ていると、ホントに仲が良くて、こんな夫婦に憧れるなあ。
お~い!フラフラ外で遊んでないで、ユスフアビィ見習ったら?

Kereviz 3月23日

先日買ったKereviz(根セロリ)。
pdi070323a.jpg
欲張りなので、葉が大きくならないかと思って水に浸けておいたけど、日にちがかかりそうなので諦めて食べることにしました。
さて、初めてのKereviz。
未知の味なのでどうやって料理すればいいのやら。
イスマイルも食べたことがないと言っていました。

料理の本やレシピメモを見ても、なんだかなー。
イズミル便りのyukacanさんが作っていたのを思い出し、ネットで検索。
日本人のyukacanさんが食べてるし、一般的なトルコのKereviz料理だそうで、安心して食べられそう。
よく見てみると、材料にはオレンジが。。
さっき見ていたレシピメモにもオレンジか使ってありました。
料理にフルーツが入るのは、酢豚にパイナップルやポテトサラダにリンゴ、ミカンなど、レモン以外は苦手。(カレーにはリンゴやナシ、バナナなんかも入れるけど)
でも、yukacanさんの記事には『オレンジの絞り汁を入れると味が柔らかくなってセロリの香りも緩和され、より食べやすくなるような』と書いてありました。
やっぱ、オレンジは重要!
だけど、そのオレンジは今ウチにはなく、オレンジなしで作ることにしました。

Kereviz料理、いっちょ上がり~♪
ymk070323b.jpg
Kereviz、ジャガイモ、洋ネギ、玉ネギ、トマトが入って、オレンジとニンジンはなかったので入れてません。
セロリの葉っぱは、火を止める直前に入れました。
このKerevizの味は。。セロリ風味の大根のようでした。
オレンジ入りが食べてみたいです。

おまけ
Kereviz料理その2、ヨーグルトサラダ。レシピはこちら
ymk070323a.jpg

MERHAB@きっちん他にも更新しているので見てね♪

タイル掃除 3月22日

昨日の大掃除の続きで、今日は水周りを大掃除♪
トルコ 黒海からの生活お届け♪のmikyさんのブログ記事で、ヤカン洗いの洗剤がタイルもキレイになるということで、先日洗剤購入。
今までは、コマーシャルで見たことあったけど「ホントかよー」なんて思って、買う気なんてありませんでした。
浴室、トイレ、バルコニー、こんな簡単にキレイになるなんて!
ちょっと前に、タイルの目地をアクリル絵の具で白く塗ったり、ゴシゴシやっていた苦労はなんだったのか。。
まだほとんど使っていなかったのに、今日一滴残らず使い切りましたー!(←そんなに汚かったのか?)
キッチンやホールのタイルは、絵の具を塗ったのがまだキレイなので、汚れが気になりだしたらそっちもこの洗剤でキレイにしようと思います。
掃除が楽しみになりました♪

窓拭き 3月21日

天気もいいし、暖かいし、なんとなく大掃除気分。
最近はいろいろ作ることが楽しくて、適当にしか掃除してなかったし。
いつもの掃除をいつもより念入りに、苦手な窓拭きもちゃんとやりました。
窓拭きはサボっているので、汚くて、拭くのに結構時間がかかりました。
外側は手が届かないので、窓枠にしがみついて身を乗り出さないと拭けません。

窓枠ごと落ちやしないだろか?
『邦人女性、5階から窓枠ごと転落・ずさんなトルコ建築』なんて、ニュースになるかな?
手を滑らせてとか、誤ってとかならよくあるけど、窓枠ごとって、、、
そんな事を思いながら、窓拭き無事に終了!

バルコニーガーデン 3月20日

午前中に畑へ屋根のシート張りに出かけ、屋根作り完成!
pdi070320a.jpg
屋根作り(その1)(その2)の続きです。

畑に花がいっぱい咲いていたので、いくつか持って帰ってきました。

昼からは、バルコニーガーデン作り♪
私の宝物のひとつを使いまーす。
pdi070320b.jpg
麻袋を切ってほどいて、小枝と5ℓペットボトルを使って。
ハンギング♪
pdi070320e.jpg

ムスカリも、畑に咲いているんですよ~。
ちょっとぼーぼーだけど、持ってきて植えました。
pdi070320f.jpg
麻袋をほどくのに、かなり時間がかかってしまって、バルコニーガーデン未完成。
続きは近いうちに、またやろう。

ヘンプ編み2 3月19日

アミアミ、あみあみ、編み編み…最近、毎日何かを編んでいます。
熱しやすく冷めやすい性格なので、今だけかもしれませんが、ヘンプ編みにハマッてしまいました!

ストラップ、ブレス、ネックレス。
もっと、何か作りたい!
って訳で、こんなもの作ってみました矢印
pdi070319a.jpg
ヒビの入ったガラスの器を使ったので、材料費は20円くらいかな?
ナザールボンジュウも忘れてません!

ニンニク入れ作ったんだけど。。

殺人事件 3月18日

道をゆっくり走る車の列。
あ!結婚式だ。
そう思ったけど、何か違った雰囲気が感じられました。
そして、イスマイルの一言。
お葬式…

昨日の17日、この小さな町で殺人事件がありました。

いつも野菜を買うマーケットへ行くときに通る道に面した場所。
ウチから1kmあるかないか、そんな近いところで!

加害者が被害者の家で、ピストルで撃ったらしいです。
何があったかはわかりません。
被害者は即死、加害者は捕まりました。
トルコでは、屋外よりも、家や店で人を殺した方が罪が重いそうです。

1年程前にはイスマイルの店の隣、縫製会社の経営者が自宅前の路上で、ピストルで撃たれて亡くなっています。

簡単にピストルが手に入るトルコ。
ウチにもあるけど、身を守るためにも、必要ですよね。。

くしゃみ 3月18日

先週の畑仕事の続きで、屋根を作りに畑に行きました。
今日は友達の子、ジェムを連れて。

最近、日曜日は店(チャイ屋)を閉めています。
畑に行く前に、イスマイルがひとりで出かけ、ジェムはイスマイルのジープを見つけて寄ってきたそうで、そのまま攫ってきたそうです。

3人で畑に向かいました。
屋根の骨組みをしっかり作るために、隣の畑から、長くてあまり曲がっていない木をいただき~。
ワイヤーでしっかり止めて、↓こんな感じになりました。
pdi070318b.jpg
あまり曲がってない、、結構曲がってます。
この上にシートを張ろうとしたのですが、5×10(m)で大きいので切らなくてはいけません。
初めは切るつもりだったけど、やっぱもったいないので、小さいシートを買うことにしました。
今日の仕事はこれだけ。

片づけをしているとき…
シィ:ふぇしょいっッ!
ジェム:(イスマイルに近づき)イスマイルおじさん、僕、怖い。

なに!怖いだと?!
ひとりで家にいる事が多いので、いつものように、オッサンみたいなくしゃみがでたのでした。

トルコでは、くしゃみをした人に・・・Çok yaşa!(万歳!)
そして、その返事・・・Sen de görと言います。
「長生きしてね」という意味も含むらしく、返事は「アナタも私が長生きするのを見てね」ということだそうです。

たこ糸のようなひもがあったので、今度はこれでブレスレットを編んでみました。
皮ひもと比べるとかなり細いので、編むのにも少し時間がかかります。
でも楽し~♪
やっぱりナザールボンジュウがポイント。
pdi070318a.jpg
あれれ?なんか変?
気付いた方は、コメントをどーぞ。

ヘンプ編み 3月17日

最近、毎日のように皮ひもやビーズを買いに出かけています。
ヘンプ編み、とっても楽し~♪
皮ブレスを編みました。
pdi070317a.jpg
余ったひもで、携帯ストラップもできました。
pdi070317b.jpg
どちらもナザールボンジュウ目玉がポイント

外国人ヨメのトルコ料理 3月16日

「明日も来てね」と言われるがままに、今日もアブラ(義姉)の家へ行きました。
アブラの家にはお隣さんと村のイェンゲ(義兄嫁)が来ていました。
昨夜作ったサルマを持って行き、メリケに渡したのだけど、、「ウチでも作ったの」と鍋にはサルマが!
同じもの作るなんて、気が合うね~♪
って、そんな事じゃなくて、同じ料理じゃあ味を比べられるやん!
それに、お隣さんもイェンゲもいるし…と思った矢先。

ああ、やっぱり。
日本人が作ったからって、みんなで1つずつ試食だよー。
トルコ人のみんなが作っているのと似てる味らしく、ギュゼル(良い意味のこと・この場合は美味しい)と言って食べてくれました。
でも、トルコ人はギュゼルしか言わないから。
ホントのところが知りたい!

家に帰る途中、傘を持った見知らぬオジサンが歩いていました。
雨は上がったけど、私も傘を持っていたし、別に不思議ではないんだけど。。
やっぱ、なんかオカシイよね?
ossan070316.gif
イスマイルに聞いたところ、村から出てくる人は結構やっているらしいです。

イスタンブルへ~出発*後編 (~3月3日)

3時間ほどの仮眠をし、イスタンブルに向けて再出発!
少し走れば、高速道路に入ります。
が、走っても走っても高速道路には着きません。
お腹も空いてきて、パンやリンゴを食べながら移動しました。
思ったよりも高速が遠く、やっと、、あった!
pdi070303a.jpg
↑高速道路に入ってすぐ。
天気が悪く、みぞれ交じりの雨が降っていて、とっても寒い!

高速道路の、あるサービスエリアにはマクドナルドがあります。
2人の頭の中は「朝マック食べよ!」(←暗黙の了解)
マックらしき建物を見つけ、サービスエリアに入ってみると、、マックじゃない!
マックがなくなって、別の店になったんだ。。
お腹空いたし、ココで朝食

そして、高速をしばらく走ると、、マック発見!
朝マック食べれなくて残念!(←朝マックメニューがあるかは不明)

みぞれ交じりの雨が、雨になり、強く降りだしてきました。
pdi070303c.jpg
この雨で、車内は雨漏り&浸水。
pdi070303d.jpg

そんな雨も、イスタンブルに着いた頃には上がっていました。
pdi070303e.jpg

ボスフォラス海峡をまたぐ二つの橋の一つ、(第一)ボスフォラス大橋。
pdi070303f.jpg

忘れてはならないのが、もう一つの橋、ファティフ スルタン メフメット大橋(第二ボスフォラス大橋)。
pdi070303k.jpg
ちょっと見にくいですが、この橋は日本の協力で1988年に完成したそうです。(全長1510m)

アジアサイド→ヨーロッパサイドへ。
イスタンブル名物(?)、渋滞です!
pdi070303h.jpg
車の割には、ノロノロ運転でも動いていたので、それでも約20kmの距離を1時間かけて、午後3時、ようやく親戚の家に到着しました。
ファッサを出てから約16時間経っていました。(仮眠3時間、食事・休憩含む)
map070303a.gif
(は高速道路)約7.5時間移動。                         つづく

イスタンブルへ~出発*前編 (~3月3日)

おわび遅くなりましたが…。

午後10時30分、イスタンブルに向けて出発したのは、この1983年式ジープ。
pdi070303i.jpg
調子は悪くないけど、長距離移動となるとちょっと心配。
何事もなく、イスタンブルに着きますように。

家を出て、まずは、ガスを満タンに、ガス欠になってもガソリンで走れるように、ガソリンも少し入れました。
そして、少し先のテルメという町で、イスタンブルでお世話になる親戚に頼まれたお米を買いました


深夜なので、たまにすれ違う車はあるけど、こんなに真っ暗。
pdi070303j.jpg
景色なんて見れないので退屈になり、持ってきたパンやらガムやらを食べたりして、眠くならないように口を動かしました。が…
午前1時頃から睡魔に襲われ
ガススタンドに入ったときには、目を覚ましてトイレには行ったけど。

イスマイルがガンバって午前4時まで運転してくれました。
map070303.gif
約5時間移動し、ILGAZという町に着きました。ここでチャイを飲み、駐車場で仮眠。
ファッサ→イスタンブルの丁度真ん中辺り。イスタンブルまで、あと約420km。

メリケのエリシ 3月15日

一昨日骨折したアブラ(義姉)の様子を見に行こうと思っていたら、メリケ(義姉の娘)から電話がありました。
隣町に住んでいる下のアブラが、ケガの具合を見に来ているらしく、私を誘ってくれたみたい。
少ししてから行ってみると、アンネ(義母)もいました。
上のアブラは、アンネにも下のアブラにもケガのことを話していなかったらしく、誰かから聞いて、来たと言っていました。
心配させないように言わなかったんだと思うけど、二人は知らせて欲しかったようでした。
下のアブラが帰るのと一緒に、アンネも隣町に行ってしまいました。(←一泊して明日帰ってくるらしい)

メリケがエリシ(トルコ手芸)をやり出し、なぜか私もやらされ、、

しばらくして近所の人や友達が心配してお見舞いに来ました。
お客さんが入れ代わり立ち代わり、、アブラもメリケもゆっくりしていられない。
なのに私は、お客さんがいる事も気にせずエリシに没頭。
スパンコールとビーズで、こんな感じ。↓
pdi070315a.jpg
右のチューリップの葉っぱを残し、帰ろうとしたら。。
メリケ:これ、やってくれない?
シィ:なんで?
メ:私は他のがあるし。
シ:アナタのやん。
メ:今やってるこれが終わったら、アレもあるし、、
シ:自分でやれ!
メ:お客さんが来るし、やってられない。
そう言って、持って帰らされました。
この葉っぱが終わったら、反対側にも同じ模様…上手いこと言い包められたー!

またまたヘンプ編み♪
と言っても、編んであるのはほんの少しですが。。
pdi070315b.jpg
これまたナザールボンジュウの目玉がポイント。
付けてみたらトップがズレてましたー。

手づくりの… 3月14日

「下(の玄関)まで来て!」と言うイスマイルからの電話。
下りてみると、どこかからジープでやって来た。
で、手渡されたのがこれ↓
pdi070314a.jpg
取っ手付きの分厚い板。
これ、イスマイル手づくりのまな板なんです。
実は、昔、一度もらったことがあって、これが2つ目。
でもさ、前もそうだったけど、大きくて重くて、使い勝手悪いんだよねー。
家で使うか、畑に持って行って使うって言ってたけど。。
パン作りに使えるかな?

イスマイルの手づくりまな板はいつもこの形。
変なのー!って思っていたけど、先日、同じ形のまな板を親戚の家で発見!
トルコのまな板、昔はこんな形だったみたいです。

私は手づくりドレスを作りました♪
って、自分のではなく。。
人のでもなく。。
じゃ~ん!
pdi070314b.jpg
水タンクの!
先月作った冷蔵庫のカバーとお揃い♪

メリケ 3月13日

朝起きたときは、頭がまだ重いようでスッキリしないなぁなんて思ったけど、時間が経つにつれ元気になり、掃除もちゃんとできました。

昨日電話で「病気だから行かない」と夕飯のお誘いを断ったからか、昼にメリケ(義姉の娘)が来てくれました。
優しいね、メリケ、心配してくれてありがとう。

大きな靴の箱を持っていたので、何を買ったか聞いてみると、靴ではなくエリシ(トルコ手芸)をやっていると。
メリケがエリシをやるなんて、今まで見たこともなく。。
こっちが言う前に、作っているものを見せてくれました。
鈎針編みで、スカーフの端を編んでいるのかと思ったら、ビーズやスパンコール、リボンを使った刺繍。
結婚するときに相手の家に持っていくものや、テーブルや棚に飾るものなどなど。
面白そう♪
興味を持ったのがわかると、今度、手芸教室(?)へ連れて行ってくれると言ってくれました。
そして、10分ほどで教室へ出かけていきました。

「夕方家に行く」と約束してあったので、アブラ(義姉)の家へ。
メリケが一人で、夕飯の支度をしていました。
メリケ:魚、食べるでしょ?
シィ:昨日食べてないの?
メ:食べたけど、まだ残ってて。
シ:ココで夕飯食べるの?
メ:え?理解できない。
シ:ココで食べるの?
メ:食べないの?
シ:食べる。
ってわけで、ご馳走になることに。って、初めからそのつもりだったりして。

アイシェヌルが戻り、メリケは食事ができるまで宿題をやるように言っていました。
そして、、
食事の支度ができても、隣人と散歩に出かけているアブラは戻ってきません。
電話してみると、どこかでチャイをご馳走になっているらしく、冷めてしまうので、待たずに3人で夕食にしました。

しばらくして、インターホンがなり。。
アブラと一緒に散歩に出かけた隣人でした。アブラの姿はありません。
メリケが心配そうに「アンネ(お母さん)はどこ?」と聞くと、落ちて怪我をして病院にいると。。
メリケ、パニック!心配で泣きながら病院に出かけて行きました。
残されたアイシェヌルと私は、そのまま留守番。

1時間ほどして、みんなが帰ってきました。
アブラは左腕を骨折したらしいです。
詳しく聞いてみると、歩いている時にめまいがして倒れ、1mほど転落してしまい、一緒にいた隣人は、消えたアブラを探し回ったとか。
左腕の骨折も大変だけど、頭を打ったとか、利き腕の骨折じゃなくて良かった~。
そう言いたかったけど、トルコ人ってどんな反応をするんだろ?日本人は冷たい!かな?それが気になって言えませんでした。

着替え、寝床、トイレ…アブラの身の回りの世話をするメリケ。
やったことがほとんどなかったエリシをやり始めたメリケ。
好きじゃないと言って被っていなかったスカーフを、クルバンバイラム(犠牲祭)を境に被りはじめたメリケ。
はじめましてのときは、まだ子供だったのに、すっかり大人です。

テレビの上に飾ってある写真の彼氏と、近々結婚?
だから、最近変わったのかな?
折角ナースになったのに、病院に勤めていたのに、辞めてしまったし。。
メリケ19歳、まだ早いでしょーっ!

旅とこぶたの日記のchaiさんと、出会ったおかげで知ったヘンプ編み。
初ネックレスを編みました♪
pdi070313a.jpg
ナザールボンジュウの目玉がポイント。

頭痛 3月12日

昨夜から頭痛で、2回頓服を飲んだけど、効き目ナシ。
寝ようとしても鈍痛のせいで、眠れません。
イスタンブルに行った疲れが今出た?かと思ったけど、原因は髪。
1年以上美容院に行っていないので、長くなったのに加えて、少なくしてあった量も増え、かなりの重さ。
これをひとつにまとめて数時間すると、頭痛になる。
気をつけてはいたけど、昨日は畑にいたので、邪魔な髪を束ねていた、からだと思う。
頚椎の椎間板が磨り減ってしまっている(6年程前に整形外科でレントゲンを撮り、医者が年齢を確認するくらい悪かった←80歳の老人と同じくらいの椎間板)ので、ちょっとした首への負担で、すぐに頭痛。
ああ~何とかして欲しい。(←美容院行けよ!)

夕方、メリケ(義姉の娘)から「夕飯に魚料理を作るから、食べに来て」と電話がありました。
頭痛の時はスゴーく不機嫌な顔&態度になるので、食べたかったけどお断りしました。

1日中だら~っとして過ごし、イスマイルは帰ってから夕飯を作ってくれました。

頭痛でも、食欲はあるらしい。。

畑仕事? 3月11日

朝から曇っていて少し寒いけど、今日は畑仕事&畑でチキンBBQ♪
食料を買い出しに行き、畑へ。
と、その前に村の家に寄ってみたら、丁度朝食の時間。
私たちは朝食を済ませて出てきたけど、朝はコーヒーだったので、チャイをご馳走になりました。

甥っ子のサメットを連れ、畑へ。
畑仕事と言っても、コンテナに屋根をくっつけたり、コンテナ横にキッチン(?)を作ったり。
今の時期、ヘーゼルナッツは何もしなくてもいいんです。

キッチン(?)は、もらってきた短い足の台(緑矢印)に足をつけてテーブルに。
テーブル下にも物を置けるように作ってくれました。
pdi070311c.jpg
テーブル横には上手く枝分かれした木(赤矢印)をくっつけてフックに。

ボコボコの錆びた一斗缶でBBQコンロも作ってくれました。
pdi070311a.jpg
手づくりコンロを使って、チキンBBQです♪
pdi070311b.jpg

コンテナにくっつけた屋根は、まだ骨組みだけ。(矢印)
あとでシートをかぶせる予定です。
pdi070311d.jpg
今あるシートは新しくてもったいないので、きっとどこかから、いらなくなったものをもらってくるんだろうな。
実は、この屋根もウチの下の玄関の不用品。
3ヶ月くらい前、積もった雪が落ちてこんなことに↓なってしまって、新しく付け替えたんです。
pdi070311e.jpg
その廃材を溶接してもらって、畑に運んできました。
今日はいろいろ作ってくれて、ありがとう。
材料費が釘代だけで済みました。
もしかして、イスマイルゴミ好き?

イスタンブルへ~出発日 (3月2日)

日にちが前後していますが。。

イスタンブルに数日出かけるだけなのに、朝から大忙しデス。

おやつ&手土産に、こっちのみんなに好評なチョコチップ入りオレンジクッキーを焼こうと、材料を出し「さあ、作ろう!」と思ったら…2個しかない卵のうち、1個が飛び降り自殺。
pdi070302b.jpg
今からまだやることが沢山あるのに、仕事が増えてしまいました。(←写真撮ってるヒマはあるらしい)
貴重な卵を失い、クッキーが半分しか作れない。
と思ったけど、ヨーグルトで何とかなりました。

前から洗いたいと思っていた、いつも使っている毛布。
帰って来る頃には乾くだろうと、今日が洗うチャンス!
という訳で、お風呂で足踏み洗い。
ダブルの2枚合わせ毛布が水分を含んでとっても重く、体力使い果たしー!

インターホンがなり出てみると、村のイェンゲ(義兄の嫁)でした。
今までほとんどウチになんて来たことがないのに、何でこの忙しい今日をわざわざ選んで来たのでしょう。
毛布を洗った直後で、服はベタベタ、髪はボサボサ、しかもスッピン。部屋もまだ散らかったまま。
それでも折角来てくれたので、上がってもらい、焼きたてのクッキーとアイラン(塩味の飲むヨーグルト)を出しました。
「座ってゆっくりしたら?」という彼女。
少し座って、少し話して。。私たちがイスタンブルに行くことを知りませんでした。
アンネ(義母)は知っていて、アンネと同居しているのに。(←二人の仲が悪いわけではない)
でも、これでアンネはおしゃべりではない事がよくわかりました。
時間制限があるし、ゆっくりもしていられなくて、落ち着かない。
そんな私に気を遣ったのか、1時間ほどで帰って行きました。

その後、道中での飲食に困らないように、買い物にも行って来ました。

買い物から帰ると、イスマイルがシャワーに入りに戻って来て、その間に掃除。
私もシャワーに入り、急いで洗濯機を回し、そして早めの身支度。

夕食用と夜食用にフランスパンとチーズフランスを焼き、合間に夕食を少しずつ作り。。
荷物をまとめて、ほっ~。
pdi070302a.jpg
十数時間の移動で食べる食料たち。
ちょっとだけパソコンを開く時間ができました。

午後9時過ぎ、イスマイルが帰宅し、夕飯を食べて後片付けを済ませ。。
pdi070302c.jpg
荷物をまとめ、さあ、出発です!

リベンジ! 3月10日

今日は、昼から畑に行く予定。
畑に行くと、いつも立ち寄る親戚の家。
よくチャイや食事をごちそうになるので、何か持って行ってあげようと思いました。
みんなが喜んでくれそうな、先日作ったいちごパフェパンを作ることにしました。

クリームを入れて仕上げ発酵。
このカワイイ姿を見てやってっ!矢印
pdi070310a.jpg
前回は、クリームが下の方に片寄ってしまっていたので、リベンジ!なるか?

発酵~焼きあがるまで、時間があるので、昨日作ったコンデンスミルクをかけてイチゴをいただきました♪
pdi070310c.jpg
まだまだ沢山あるイチゴ。
傷む前に、冷凍保存しないとなあ。。。

パンが焼きあがり、冷めてからお化粧しました。
pdi070310b.jpg
これを持って畑に向かいました。

ヘーゼルナッツの葉が大分大きくなっていました。
pdi070310d.jpg
イスマイルが木を伐ったりしている中、私は食料集め。
前に使った↓写真↓ですが…矢印採ってました。
pdi0702019g.jpg

畑の帰りに親戚の家に寄って、渡したイチゴパフェパン、とても喜んでくれて、レシピまで聞かれてしまいました。
ちょっと手間がかかるけど、作れるかな?
お料理上手なトルコ人だから、そんな心配しなくても大丈夫??

いつもご馳走になるから持っていったのに、今日も夕飯をご馳走になってしまいました。
いつもありがとう。ごちそうさまでした♪

さて、いちごパフェパンのクリームですが。。。
どんな状態なんでしょ?
家に帰ってから、食べる前に切ってみました!
pdi070310e.jpg
前回とは大違い!真ん中にクリームたっぷり


おわびイスタンブルの話は、近いうちに。。。

昼ごはん 3月9日

午後1時頃にイスマイルからの電話。
iso いまドネル屋さんにおるけど、アナタ、ドネル食べる?
c02 え?
iso ドネル食べとるけど、パンに挟んだの送ってあげようか?
c02 うん!食べる。
そんな訳で、イスマイルからドネルが届きました。

開けてみると、ホントにパンに挟んだだけのドネル。
pdi070309a.jpg

栄養バランスが悪いので、トルコ風に野菜を挟んでみました。
pdi070309b.jpg
おいしそ~♪

かなりのボリュームなのに、ぺろっと、いただきました~。
満腹で満足♪

おみやげ 3月8日

イスタンブルに行ってきたのに、お土産を買っていません。
いつもイスタンブルに行った帰りには、途中にあるsmancık(オスマンジュク)という町で、お土産を買います。
pdi070308b.jpg
Lokum(ロクム・左下)、Leblebi(レブレビ・右下)、pişmaniye(ピシマニイェ・上)を買ってきました。
※お土産については、後日書きます。

昼頃に、留守を頼んでおいたすぐ下の階と、イスマイルの友達のイスマイルさんの家に持って行きました。

昼からイスマイルと一緒に村の家へ。
アンネ(義母)、イェンゲ(義兄嫁)と甥っ子がいました。
アンネは問題ないのですが、イェンゲには、ある事情があり顔を合わせたくなくて、車から出ることができません。
が、そんな私の方に彼女の方がやってきてしまいました。
「どうしたの?」から始まり、いろいろ言ってくる彼女。
返事もあまりしない私に、最後は「絶交!」と。
トルコ人はすぐに「絶交!」って言います。
ま、そう言いたいなら言えばいいけど。いちいち気にしても仕方ない。

そこから近い、いつも畑を手伝ってくれるフセインさんの家にも持って行きました。

帰りに、畑の様子を見るために止まった道端にクリスマスローズが咲いていたので、摘んできました。
pdi070308d.jpg
クリスマスローズのページを見たけど、いろいろな種類があるんですね。これはどの種類なんだろ?

朝からいきなり黒ゴマ&チーズ入りパンを焼きました。
pdi070308a.jpg
イスタンブルから帰ってきたときに、朝食用のパンを買い忘れたので、簡単に出来るベーキングパウダーを使いました。

イスタンブルを出るときに、近くのマーケットでいちごを買いました。
pdi070308c.jpg
Fatsaで7.00~7.50YTL/kg(1kg約650円前後)するのに、3.00YTL/kgです。
つぶれたものもあるけど、こっちで買うより安い!

そのつぶれたいちごや悪そうないちごを使って、いちごパフェパンいちごパフェパンを焼きました。
kmy_ichigo01.jpg
パン生地にはたっぷりのいちごいちご
ほんのりピンク色のパンの中には、カスタードクリームと生クリーム♪
kmy_ichigo02.jpg
って、真ん中にクリームが…ナイ!
多分コツをつかんだので、今度は真ん中になるように作ろ。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

シィ

シィ

シィのBlogへようこそ♪
メインサイトへは、リンクの『トルコのここ!』からどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。