トルコ@気のむくままにっ記

トルコ北東部、観光ガイドには載っていない田舎で、の~んびりした毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花束の運命 2月26日

プレゼントしてもらった花束
もらったときは嬉しかったけど…その後、プチ切れ!(←なぜか知りたい方はこちら)
わずか1日で、見るも無残な姿となってしまったのであります。。ち~ん
pdi0702026a.jpg
スポンサーサイト

突然ですが 3 2月26日

→マラトゥヤ→シャンルウルファ→ガズィアンテプ→へ行くのは諦めました。
やっぱ、よく知らない土地なので、ジープが故障したときに困るのは自分達。
青いジープで超長距離を走るのは、イスマイルも不安なようです。
イスタンブル行きは、前から決まっていて延期になっていたので、イスタンブルだけに行ってきます。
出発は、、、いつかしら?金曜日か、土曜日かな?
5~7日くらいで帰ってくると思います。

これは、突然ですが突然ですが2の続き、、です。

突然ですが 2 2月25日

一週間ほど前、「突然ですが、旅に出る」と言っていましたが、、、
「日曜日にならないとわからない」と言っていて、今日がその日曜日。
夜、帰宅したイスマイルに聞いてみたら、「明日か明後日か」って言うんです。
そんな急なのに、はっきりした日にちが未だにわかりません。
こんなとこが、トルコ人の嫌なところです。
こっちだって、準備があるのに!

愛車の青いジープでの長距離移動となります。
ジープの年齢40歳くらい。
かなり心配です。大丈夫かな?

日曜日のお楽しみ 2月25日

日本にいた頃、毎週のように見ていたお部屋改装し隊。
月曜日の昼休みは必ず家にいて、テレビつけてたなー。
そんなお部屋改装し隊も、トルコに来たら見られなくなる!なんて思ったけど、トルコに来る前に終わってしまいました。

本当に見られなくなって、残念だって思っていたけど、いつ頃気付いたのかな?トルコ版お部屋改装し隊。
Kanal Dでやっていて、毎週日曜日を楽しみにしていたのに、夏休みに入って夏休みが終わったら、放送しなくなってしまいました。

普段から、ひとりのときはあまりテレビをつけないのだけれど、たまたまつけてたら、聞き覚えのあるミュージックが流れ、「もしかして」と思って見てみると、トルコ版お部屋改装し隊"EVİM GÜZEL EVİM"
いつ放送するのか、すぐにメモったけど、なぜか、Kanal Dではなく、atv。
ま、局はどこであっても私には問題ないけどね。
また、毎週トルコ版お部屋改装し隊"EVİM GÜZEL EVİM" を見るのが楽しみになりました。

この番組、日本版よりもやる事がスゴイ!
壁の塗り替えや床の張替えは当たり前。今日は、壁を打ち壊してました!

この女性が依頼者。
男性はトルコ版お部屋改装し隊"EVİM GÜZEL EVİM" のリーダー的存在で、俳優さんでもあります。
pdi0702025a.jpg

後ろの白い棚も、今回作ったんですよ。
pdi0702025b.jpg

暖炉がある素敵なリビングだけど、
pdi0702025c.jpg
(ウチのカーテン↑が写ってますが、気にしないでください)

もっと素敵になりました。
pdi0702025d.jpg
(でも気になりますね、↑このカーテン)

このままでも十分素敵なダイニング
pdi0702025e.jpg

もっと素敵に、明るくなりました!家具は変わってないのにね。壁の鏡もイイ感じ。
pdi0702025f.jpg

来週は見れるかな?

誕生日ケーキを作りました。レシピはこちら
ymk070225.jpg
またひとつ、オバサンになりました。息してるだけでも年取るんですね。はぁ~っ、、、

夕方、花束が届きました。
朝出かけるときも、昼に一旦帰ってきたときも、何も言ってなかったのに。
こんな気の利いたことできるヒトやったっけ?
pdi0702025g.jpg
でも、素直に嬉しい♪ありがと。

あれのお味は… 2月24日

昨夜、夕飯を全部並べ食べるばっかりにして、私はパンを切っていました。
お腹が空いていたのか、イスマイルが先に食べ始めたようで、パンを持っていったら、すでにあれを二口三口。
シィ:あ!食べたの?どお?
イスマイル:ん?レバー?
シ:レバーも入っとるけど、それ、あれやよ。赤い方はレバーやけど、白い方。
イ:あの丸いヤツ?
シ:そう。
イ:……
シ:(食べて)レバーとはちょっと違うね。レバー食べたのかな?

レバーに近いけど少し硬めで、袋(?)の部分はこりこりした食感でした。
味はいつも作っているトマト味なので、食べ慣れている味。
自分が作ったから食べてたけど、でも、あまり箸(スプーン)が進まない。
イスマイルは他のものばかり食べてる。
シ:何でこれ食べんの?
イ:(無言で一口)

また他のものばかり食べて。。
シ:何で食べんの?マズイ?
イ:…これは焼いて食べた方がいいかもしれん。
シ:ちゃんと焼いたよ。トマト入れたで、こうなったんやん。
イ:そうじゃなくて、外(BBQ)で焼いて食べるといいかも。
そう言って、それからは一口も食べませんでした。

外で=家では食べたくない=絶対食べない
ハッキリ言わないのが、優しさなのでしょうか?

私こそ、あれだと思うと、ちょっと、、、
だから、味見もしてなくて、一緒になら食べれるかな?なんて思ってた。
あれだと思わないようにしながら、ちょっと無理して半分くらい。
やっぱ限界で、「明日の昼に食べるね」といいながら残し、結局、昼にも食べられませんでした。

捨てればよかったのだけれど、夕飯の1品に…
1つのお皿に二人分のピラフ。(←ウチはいつもこう)
そのピラフの上に、あれを乗せたら、、
イ:こっちの方に乗せんといて!
シ:わかっとるよ、自分が食べるとこに乗せとるやん。

いつもなら、残り物も食べてくれるのに、やっぱ、食べたくないらしい。
私もスプーンに2杯が限度。
やっぱ、食べれない。
あれは、結局、最後はゴミ箱行きとなりました。

ひ*み*つにしたあれですが…

こんなんです↓
pdi0702023c.jpg


イズミル便りのyukacanさんから「ウチのキッチンが見たい」とリクエストがありましたので、ウチのキッチンをお見せします。

4~5年前に(多分)流行っていたもの。
本当は枠なしの1枚板で、白かアイボリーが良かったのだけど、その当時はありませんでした。
今はお洒落なキッチンがいろいろ出てますよ。

広さは6畳よりちょっと大きいくらいかな?

リビングから見たダイニングキッチン。
pdi0702024a.jpg
コの字型のセミオープンキッチンです。
pdi0702024b.jpg
テーブル側から見ると、こんな感じ。
pdi0702024c.jpg
テーブル側には窓があります。写ってないけど右側には冷蔵庫があります。
pdi0702024d.jpg
トルコのシンクはち~っちゃい!ほら!
pdi0702024e.jpg
トルコは未だにチン!と鳴るレンジ。(1年前購入)
pdi0702024f.jpg
トルコのキッチン台は、大理石で作ってある家が沢山あり、ウチは例外です。
白いタイルで、パンが作れるように一ヶ所だけ50×40の大理石を埋め込んだキッチン台が良かったのにな。

yukacanさんのおかげで、キッチンがきれいに片付きました♪
でも、キッチンバサミが行方不明です。
またブラックホールに落ちたのかな?
折角片付いたキッチンも、夕飯作ったら、またゴチャゴチャ。
広いはずなのに、私には狭いようです。
料理を作りながら片付ける方法、誰か教えてぇ~っ!

トルコ子育て生活のmikiさんが1ヶ月ほど前に買ったSoyetを見つけて、私も買ってきました。
ymk070224d.jpg

これでİÇLİ KÖFTE(Soya kıyması)を作ってみました。
ymk070224.jpg

レシピはこちら

ほら、あれ… 2月23日

今日は、あれを食べてみようかと思って、昨日のうちに、冷凍室から冷蔵室にお引っ越しさせたんです。
あれっていうのは、このにっ記(blog)を2ヶ月以上前から見てる人で、勘がいい人ならすぐわかると思うけど。。

わかったかなー?
わからない人もいるだろうから、教えちゃいましょう♪

12月31日のクルバンバイラム(犠牲祭)で、肉と一緒にもらってきたあれですよ。
ほら、誰も欲しがらなかった、あれ
珍しがってもらってきたのはいいけど、ずっと冷凍庫で眠ってたんです。

思い出した?

じゃあ、登場させます!
と、その前にお勉強しましょ。

多分、牛も人間も大きさの違いはあっても同じだと思って、からだの地図帳を引っ張り出してきました。(←わざわざトルコに持ってきた)
見た目は全く(?)同じみたいです。
pdi0702023a.jpg
写真:講談社 からだの地図帳より

では、本物~♪
pdi0702023b.jpg
牛の肝臓の一部㊧と睾丸㊨

どんな味かわからないので、2つあるうちの1つと、それでは量が少ないのでレバーを一緒に。

トルコと言えば、トマト味!
と言うわけで、トマトの味付けにしてみました。
pdi0702023d.jpg
レシピ、アップしたんだけど…誰もいらないよね。
見るだけでも、見たいならこちら

料理してから調べたら、ソテー、刺身、からあげ、スープなんでもありみたいです。
闘牛士によって殺された牛の睾丸は、衣をつけて揚げていただくんですって。
韓国では、睾丸の袋を湯びきしてタレをつけていただくんだそうです。
どれも試してみたいですね~。
1つ残しておいて良かった♪

トルコでは、いろんな珍味を口にすることができて、ほんとにシアワセ。

国際睾丸料理選手権大会なんてのがあるらしい~。


料理するときに、まず、真ん中で真っ二つに切ったんだけど…

たまたまの中って、どんなか見たい?


へへ~っ、ひ * み * つ !

交通ルール 2月22日

久しぶりに黒海沿岸にあるアタトュルク公園に行ってみました。
pdi0702022a.jpg
どんよりして今にも雨が降り出してきそうな天気。
黒海は、厚い雲に覆われた空(雲)色でした。

天気が悪く寒いので、公園には人もまばらです。
pdi0702022b.jpg
って、誰もいないやん!

カモメ達は(黒いのナニ?)、水遊び。
pdi0702022d.jpg
見てるだけで寒くなってきます。

そんな人気のない公園に…

さくら?
pdi0702022c.jpg
きれい!
ひとりで花見を楽しみました♪(桜ですよね?)

アタトュルク公園は、街から大通りを挟んで向こう側にあり、横断歩道を渡って行かなければなりません。

トルコでは、最優先
いつでもどこでも、歩行者は車に気をつけて歩かなければ、うっかりしているとひかれます

大通りなので、車は新幹線のように猛スピードで走ってきます。
車の信号が赤になっても、横断歩道の信号が青になっても、よく見て気を付けて渡らなければなりません。
直進車とロータリーから出てくる右折車と歩行者、順番に信号が変わるので…
…横断歩道の信号機は機能していませんでした。
pdi0702022e.jpg

でも、トルコ人にはそんな事関係ないんです。

pdi0702022f.jpg
赤信号でも車が来なければ、渡ってもいいみたい。
これがトルコ人の交通ルールなんですかね?

日本人はゴミが好き? 2月21日

ゴミって言うか、ソバ(薪ストーブ)の燃料の小枝なんですけどね。
親戚の家に遊びに行った時に、いい感じの細さだったので十数本もらってきたんです。
ソバで使うと思ったらしく、「もっと沢山あるから持って行っていいわよ」って言ってくれたけど、イスマイルが「何か作るらしい」って言ったら、変な顔しながらも納得していました。
それと、ヘーゼルナッツの卸屋さんでもらってきた穴の開いた麻袋。
pdi0702021a.jpg

で、こんなん出来ました♪材料費0円
pdi0702021b.jpg

家にあった余り布をかぶせて目隠し。
縫うのが面倒だったので、切った端の糸を10本くらい解き(?)ました。
pdi0702021c.jpg
電話横のゴチャゴチャがスッキリ片付きました。

おまけ1
ヒビの入ったチャイのコップ&畑で切り落としたブドウのつる&拾ってきたアイビー
pdi0702021d.jpg

おまけ2
オリーブが入っていた空き缶&畑で切り落としたブドウのつる&村の家から勝手に拝借したグリーン
pdi0702021e.jpg

おまけ3
欠けたお皿&畑で拾ってきた苔つきの石&拾ってきたアイビー
pdi0702021f.jpg
これ↑はお金がかかってる。(笑)

トルコ人がゴミだと思っているもの(って、実際ゴミなんですがね)、ウチでは、ほかにもいろいろ使っています。
ウチに来たトルコ人はこれを見てどう思っているのでしょうか?
やっぱ『日本人はゴミが好き』
私のせいで、そう思われてしまうのならゴメンナサイ!

きょうの昼ごはん♪畑で掘ってきたオオアマナ料理です。
オオアマナの天ぷら、大根のしょうゆ漬け、オオアマナの茶碗蒸し、シソ梅&わかめご飯
iym070221.jpg

オオアマナの天ぷら、美味しいですよ~。レシピはこちら。(←そんなの要らん?でも、サクサクに揚げられますよ~、多分)
何で日本では食べないのかな?
そう思って検索してみたら、アマナの天ぷらやおひたしがありました。でも、希少なために食べられていないようです。

ヘーゼルナッツ 2月20日

昼にインターホンが鳴り出てみたら、お向かいに住んでいる親戚のトゥバでした。
先日、トゥバのお宅にお邪魔したとに、チーズスティックパンの作り方を教えて欲しいと言われて、知っているトルコ語と身振り手振り、イラストで説明。
でも、それだけでは作れないだろうと思って、「一度、一緒に作ろう」って言ってあったのを思い出し、「もしかして今から?」なんて思いながら下の玄関のカギを開けました。
ウチまで(4階)上がってきたトゥバ、自分の結婚式の夜(クナゲジェシといって、手を染める儀式をする)のビデオテープが欲しくて取りに来ただけでした。
「夜に返しに来るから」そう言って、家に入ることはなく、行ってしまいました。

夜来るなら、チャイ飲んでくかな?チャイだけではいかんし、お菓子の買い置きしてないし、なんか作ろ。
で、ヘーゼルナッツのお菓子を作ることにしました。
ネットで検索して気になったのがこれ↓
ヌス・ケーゼクーヘン(焼き菓子、チーズナッツ風味)オーストリアのスタイル
トルテ・フロレンティナー(チーズナッツケーキ)スイスのスタイル
どちらも同じ材料だけど、分量が違うだけでお国まで違うようです。
で、私も同じ材料で分量違いのヘーゼルナッツ入りチーズケーキを作ってみました。
ymk070220.jpg

これが絶品!
今まで作ったお菓子の中で一番ウマイ♪(←自画自賛)
ヘーゼルナッツとクリームチーズがこんなに相性がいいとは思ってもみませんでした。

↑のオーストリアとスイスのお菓子のレシピの方が美味しいかもしれませんが、私のレシピで良ければこちら

日本にトルコヘーゼルナッツ協会がありました。この地方のヘーゼルナッツを輸入しているようです。

畑へ 2月19日

リンゴ、ナシ、さくらんぼ、白イチジクの木を買って、畑に植えに行きました。
今日は上に車を置いて、歩いて畑に向かいました。
真ん中の白い箱の手前にある柵の向こう側から、右上の雲の下にある斜めの白い道の向こうまでが、ウチの畑です。
pdi0702019a.jpg
いつもは向こうの道からジープで入ってきます。
畑と言ってますが、山ですよね。

トルコでは、根に土がついてない状態で↓売られていました。
pdi0702019b.jpg

こうして植えるんだそうです。これはさくらんぼの木。
pdi0702019c.jpg

薄紫のビオラが咲いていました。
はビオラじゃないと思ったけど、やっぱこれはビオラでしょう。
pdi0702019d.jpg
近くには濃い紫のビオラも咲いていましたが、写真で見ると同じ色に見えます。

こんな暖かそうな葉っぱもありました。
pdi0702019e.jpg

スモモの花も咲いていました。
pdi0702019f.jpg

オオアマナ(←無題・休題-ハバネロ風味-のcakeさんが教えてくれました)がよりも沢山咲いていました。
pdi0702019g.jpg
木を植えてから、イスマイルと二人でオオアマナ狩(?)をしました。
で、こんなに採れました♪
pdi0702019h.jpg
トルコでは、これを卵とじ(?)玉子焼き(?)で食べます。レシピはこちら

触るとメチャクチャ痛いスルガンも、素手で採ってきましたよ!
かなり食い意地が張ってますから。
pdi0702019i.jpg
日本ではミヤマイラクサと言うんだそうです。これも無題・休題-ハバネロ風味-のcakeさんが教えてくれました。
ゴム手袋をはめて調理しました。
シソに似た、刺々しいこの葉っぱ。無味無臭で全くクセがありません。
pdi0702019j.jpg
トルコのヨーグルトを使った料理と言えば、このヨーグルト和え㊨。
葉っぱの細かい棘は、湯がいても残るので、食べるとフワフワ感と言うのか、弾力と言うのか、変な食感があります。

それと、トルコ風おひたし(?)㊧を作りました。
ゴマの代わりにヘーゼルナッツを使い、量が少なかったので、半端のトマトを入れました。
それがよくなかったのか、変な甘味があって不味かったぁ~!
だから、レシピはありません。

スルガン(ミヤマイラクサ)は、日本では高級野菜のようですが、タダでも一度食べればもういらないかな、って感じです。
もう二度と食べることはないでしょう。

国際離婚

国際結婚が増える中、国際離婚も増えていると、当たり前のことなんですが…国際結婚はいろいろ問題がありますよね。
どちらの国で暮らすか
もし、お互いがそれぞれの国でしか暮らせなかったら。。。
やっぱ、離婚しかないんでしょうか?
離れて暮らすと、気持ちも少しずつ離れてしまうものなのでしょうか?
どちらかが「相手の国で頑張ってみよう」という気持ちにはならないのでしょうか?
ウチは結婚する前に「将来はトルコで暮らす」と言っていました。
初めてトルコに来たときは、「こんな田舎で何もないとこには住めない!」って思ったけど、年を取ってから実際住んでみて、「やっぱ無理!」なんて思いながらも、どうにか暮らせてます。
もしかしたら、住んでみて気持ちが変わることがあるかもしれないのに、何もやらずに努力もしないで、離婚はどうかと思うけど、離婚もひとつの選択肢なんですよね。

突然ですが 2月18日

もしかしたら、来週旅に出るかもしれません。

イスマイルと夜のドライブをして、先週と同じように丘に上って夜景を見ました。
そのときに、突然「来週行く」って言い出しました。
予定では、来月半ばにイスタンブルへ行くはずだったのですが…。
行き先は↓
map070218.gif

月曜日の早朝に出発の予定です。
が、まだハッキリしていないので、行かないかもしれません。
いつも、突然決まったり、中止になったりするので困ります。

今日の朝ごはん(朝昼兼用かな?)
シガラボレーイ、ハム、皮袋で作ったチーズ、オリーブ、コーヒー、パン
シガラボレーイがちょっと焦げてますが気にしないでください。
pdi0702018a.jpg
イスマイルが盛り付けして、写真を撮ってにっ記に貼れって言うから仕方なく…
どう思う?このセンス。

欲しいもの 2月17日

バレンタインのプレゼントに「ミルサーが欲しい」って言ったけど、「そんなの家のものだ」って言われ、服もバッグも靴も貴金属も欲しいと思わないし、結局プレゼントはナシでした。

先日、絨毯を洗いながら欲しいと思ったのが、絨毯が洗える掃除機
あれがあったら絨毯洗いも楽々なのになー。
でも、ウチの場合、「その前に絨毯買えよ!」って周りの人たちから言われそうです。
トルコ人のお宅は、絨毯や敷物が各部屋に1~2枚、使ってないもの数枚あって、10枚くらいは持ってるんじゃないかな?
ウチは、といえば、、、
リビングに1枚、ほとんど使ってない部屋(客間)の絨毯を玄関に持ってきて敷き、1枚。
新築祝いに誰かがくれると思って、待って待って、1年半が過ぎ、先月やっと寝室に1枚敷くことができました。(全部で3枚)
たった3枚の絨毯で、絨毯が洗える掃除機は贅沢ですよね。
絨毯洗える掃除機買うより、絨毯買わないと。。。

イスマイルは4男4女の8人兄弟で、姉2人が絨毯くれただけで、誰も何もくれません。
もらうのを期待するのが間違っているんでしょうか?
日本人はお金持ってるんだから自分で買えよ!ってこと?
アンネ(義母)からは、絨毯と布団やシーツを数枚をもらい、まだ絨毯を買ってくれると言ってくれます。
1ヶ月くらい前、アンネに「絨毯買わないと絶交!」と言われ、でも、申し訳なくてそのままになっていました。
が、イスマイルといろいろ話しているうちに、「キッチンに絨毯が欲しい」という話になり、今日一緒に絨毯屋さんに行って買ってきました~♪
買ったのは絨毯ではなくてキリムですけど。

去年のプレゼントは手編みの靴下でした。
友達のお母さんかお婆ちゃんが編んで売っているものだそうです。
pdi0702017a.jpg
いつも氷のように冷たい足なので「少しでも暖かくなるように」とくれたのですが、柄が可愛かったので、この一年間ずーっと飾っていて履いていません。

双子 2月16日

昨日のBONBON、ブルドッグの子供かと思ったら、パグだそうです。イズミル便りのyukacanさんが教えてくれました。

屋上に犬小屋を作ってから、飼ってもいいようなことを言ってくれたイスマイル。
今朝になったら、変わっていた。
シィ:なんで(飼って)ダメなの?昨日はいいって言ったやん。
イ:よく食うよ、あの犬。
シ:あれより大きくならんでいいやん。
イスマイル:あんまり好きじゃない。
シ:小さいで嫌なんや。大きい犬好きやもんね。
イ:ウン。
シ:騙したの?
イ:違うよ。何年ぶりに双子に会えて嬉しかったでしょ。

σ(・_・)パグと双子?…鼻が??

さて、2日掛かりでチクチクしたエリシ。
レースを縫いつけて、こんな感じになりました↓
pdi0702016a.jpg
これは、冷蔵庫のカバーです。
どこの家の冷蔵庫にも、こうしてカバーが掛けられているんですよ。
pdi0702016b.jpg

停電 2月15日

いつも掃除が終わる頃には昼。
今日も、丁度終わりかかったのが12時ごろで、いつものようにBSニュースを見ようとテレビをつけようと…あれ?停電?
昔のことを思えば少なくなったけど、それでも月に数回は停電する。
わざわざこの時間に停電しなくてもいいのに!
楽しみのひとつが奪われ、プチ切れ。
テレビもパソコンもダメ。オーブンも使えない。
仕方がないので、エリシ(トルコ手芸・編み物)のまねごと(?)をすることにしました。
早く直してくれんかなぁ。
チクチクしながら電気が来るのを待って、あっという間に2時間が経とうとしていました。
もう(2時の)BSニュースの時間やん。これも見れんの?
そう思っていたら、隣の洗車屋さんで洗車している音に気がついた。
あれって、電気で水が出るんじゃなかったっけ?
そう言えば午前中に電気屋さんが来たよな…あ!
急いで玄関を開け、階段の電気を確かめた。
点いた!
ウチだけが停電。(=電気代未払い、滞納)
すぐイスマイルに電話。
シィ:電気とまっとるけど、お金払ってないの?!
イスマイル:そんな事ないと思うけど。
シ:さっき電気屋さん来たで、止めてったと思うよ。
イ:一回行ってみるわ。紙(請求書)ある?
シ:あると思うよ。
電話を切って請求書を探したら、3枚もでてきた。
σ(・_・)か…(←滞納の原因)

トルコ女性は、みんなエリシをやっています。
鈎針や縫い針でスカーフの端っこを編むのですが、私の場合、スカーフなんてあっても被らないので、カーテンを作ったときの端切れであるものを作ることにしました。
縫い針と糸でちくちく。
裏はこんな感じ↓
pdi0702015a.jpg
糸を芯にしてくるっと巻いて縫います。
表はこんな感じ↓
pdi0702015b.jpg
さて、何ができるでしょう?

バレンタインデー 2月14日

名前はBONBON
pdi0702014a.jpg

2月14日はトルコもバレンタインデー。
でも、女の子がチョコを渡して告白する日ではありません。
SEVGİLİLER GÜNÜ(恋人たちの日)と言って、お互いにプレゼントを渡します。
そのプレゼントが、この犬。。。かもしれないのデス。
ポチが居なくなったからって、次?それもちょっとねぇ。
ウチでは飼う場所がないし。
飼う場所があったなら、ポチと今でも一緒にいるよなぁ。

今はこれくらい↓の大きさなのですが、まだ大きくなるのでしょうか?(←飼う気満々?)
pdi0702014b.jpg

ÜNYEの方にある村に行って来ました。
周りは山ばかりです。
pdi0702014c.jpg
ココも山の上の方なのですが、周りの山に囲まれて、夕日が沈むのも山の向こうで、早く暗くなってしまいます。
pdi0702014d.jpg

ブルの横顔って、平らって言うか…こんなにブサイクなんですね。
シィ:顔、ぺちゃんこやね。
イスマイル:アナタみたい。鼻が!
pdi0702014e.jpg
それに似てる私。。。?

このBONBON、イスタンブルで700YTL(≒62135円)だそうです。
日本からすれば安いけど、トルコでこの値段はかなり高い!

今日はバレンタインディナーの予定でした。
が!
いつものレストランや他のレストランでも、お一人様60YTL(≒5326円)
ちょっとー!高くない?
日本のクリスマスディナー並みやん!
トルコ人の平均月収考えろよ!
でも、どんなご馳走やったんやろ?
ちょっと行ってみたかったなー。

Olsun 2月13日

朝、イスマイルが出かけたすぐ後に、誰かがやって来ました。
誰かと思ったら下の階のスルタン。
kahvaltı(朝食)に誘ってくれました。
でも、さっき食べたばっかり。で、そう言ったら、「Olsun」だって。
気にしないでとか、平気よとか、大丈夫さとか、いいの、いいのとか、そういうときに使います。
折角なので、お茶だけでもと思って、行ってきました。
下の階(3階)には、みんな勢ぞろい。{←3階に住む奥さんと妹に当たるスルタン、1階の奥さん(3階のご主人の実妹)と子供二人&姪}
何種類ものご馳走がずら~りと並んでいたけど、お腹いっぱいでお茶だけいただきました。
でも…
「何で食べないの?」と言われ、スルタンに「太るからでしょ」と突っ込まれ、、「Olsun」だって。
とうとう体重発表会に!
初めは隠しながら体重計に乗り、何キロか確認したら、思ったより増えていなくて、「●kg!」って言ってしまいました!
日本ならひたすら隠すのに。
トルコの人って、60kgや70kgあっても、「Olsun」だから、平気で体重言うのよね。

食後の片付けから、部屋の掃除をし始め、私も散らかしっぱなしでお邪魔しているので、帰ることにしました。

トルコ人はキレイ好き☆なので、下の人の掃除する姿を見て、キレイにしよう!と思い、あまりに暖かくいい天気だったので、バルコニーで絨毯を洗いました。
pdi0702013a.jpg
水を含むとさらに重くて、ひとりで動かすのに疲れ。。。
結構な重労働でした。
キッチンの床、タイルの目地の黒ずみも気になり、アクリル絵の具で見違えるようになりました。
pdi0702013b.jpg
before㊧after㊨

うつったか? 2月12日

イスマイルが風邪引いたみたい。
夕方、店の前を通ったら、体がだるいとか、痛いとか言ってました。
帰宅も早めで、9時前には家に帰ってきました。
食欲もあまりないらしい。
熱を測ってみたら、37.0度。
私の風邪がうつったのかな?

今日もパンジャルと一緒に過ごしました。
お米1合分を巻き巻き、巻き巻き…160個以上、巻き巻き。
pdi0702012a.jpg
このあと、1時間煮込むんですよ。
パンジャル サルマス、手間暇かかる料理です。
でも、その分おいしい♪レシピはこちら

夜景 2月11日

日曜日なのでチャイの店はお休み。(←気分次第で営業する)
男友達と消えてしまい、私は9日にもらってきた大量のパンジャルと戦ってました。
一枚ずつ洗って、また洗って、また…5~6回洗ったでしょうか?
洗っても洗っても、アブラムシみたいのが浮いてるんですよー。
そのあと、少しずつ湯がきました。
5ℓの鍋では一度で湯がけず、これも何度も。
あんなに洗ったのに、湯がいたお湯にアブラムシが浮いてたのにはショックでした。
あのまま食べても大丈夫だよ!気にしない気にしな~い。
なんて思うけど、まだくっついてるかなー。やっぱ気になる。

パンジャルって、青汁の葉っぱのことなんですよ。
pancar.jpg

ウチでは定番のパンジャルのスープ(?)を作りました。レシピはこちら
ymk070211.jpg


午後6時過ぎにイスマイルがデート(?)に誘ってくれました。
飲み物を買って、インジルリッキという丘で、車内で少しおしゃべり。
たったそれだけで帰ってきたけど。
夜景と星空がとってもきれいでした。
FATSAの夜景
pdi0702011a.jpg

ちょっと病気?

最近、時々血圧を測るようになりました。
血圧は良いのですが…。↓大分、ブレててスミマセン。
pdi0702011b.jpg
不整脈が酷いみたいで。。。
何のストレスがあるんだかね~。(←他人事)

日本にいるときにちゃんと調べてまして、心配するほどの不整脈ではないんです。
ただ、自覚症状に圧迫感があって、気になる…

トリュフ 2月11日(←10日の間違い!)

今日はどこにも出かけませんでした。
出かけるって言えば、買い物か誰かの家。
でも、出かけるつもりもないし、もともと出不精で、家に居るほうが好き。

バレンタインデーが近くなってきましたね。
トルコも2月14日はSEVGİLİLER GÜNÜ(恋人たちの日)と言って、プレゼントを渡します。
だから、って訳じゃないけど、栗のトリュフを作ってみました。
もう何個か食べて、明日には、なくなりそうです。
iym070211.jpg
(多分)おいしそうには見えるけど、チョコが物足りなくて失敗作です。
それでも良ければ、レシピはこちら

春が来た 2月9日

畑に行ってきました。っと、その前に、村の家に寄ってみました。
一番下の兄家族と一緒に住んでいるアンネ。
一番下の兄はイスタンブルの方へ出稼ぎに行っているので、今はお嫁さんと孫4人の6人で住んでいるんだけど、みんな町へ出かけているらしく、アンネ(義母)がひとりで留守番していました。
「パンジャルとパセリ欲しい?」というアンネに、イスマイルを通して「欲しい」と言ってもらい、畑へ。
アンネは「ここに居て」って言っていたけど、聞こえない振りをする嫁。って、私かあ。
ひとりで寂しかったのかな?

ヘーゼルナッツは、芽吹き始めていました。
pdi070209a.jpg

畑を散策して、たくさんの春を見つけました。
何の花↓?
pdi070209b.jpg
枯葉に混じって、シクラメンが咲いていました。
pdi070209c.jpg

真っ白なデージーも
pdi070209d.jpg

薄紫のビオラも(←似てるけど違うね)
pdi070209f.jpg

野いちごの花も咲いていました。
pdi070209e.jpg

これは、名前を忘れました。球根の花で、食べられるんですよ。
pdi070209g.jpg

コイツもいました!
pdi070209h.jpg
このシソに似たスルガンという葉っぱ、触ったら最後!
火傷したようにビリビリして、ミミズ腫れになるんです。しかも、半日経っても痛い!

30分くらい畑を散策した帰り、親戚のところでチャイをご馳走になりました。
1時間半くらいおしゃべりをして、村の家に戻ると、アンネは、パンジャルやパセリを袋いっぱいに入れてくれていました。
自分たちが食べる野菜を、アンネにとらせて、遊んでいる悪い嫁でスミマセン。

家に帰って袋から出してみると、4人掛けのテーブルに山盛りありました。
pdi070209i.jpg
パンジャル、パセリ、レタス
こんなに沢山!ありがとうございました。

夕飯に、旅とこぶたの日記のchaiさんがおいしいと言っていたHUMUSを作りました。
ymk070209.jpg
トルコ料理でもあるこのフムス、イスマイルは知りませんでした。
初めて食べたようで、おいしいと言ってくれました~。レシピはこちら

元気になりました♪ 2月8日

昨夜飲んだ解熱剤が効いて、汗が出て熱が下がり、朝には、(咳は少し出るけど)元気になりました♪
元気になった証拠↓黒ゴマ&チーズパン
pdi070208a.jpg
風邪を引いたせいで、Aさんとの(月曜日か火曜日の)約束が、そのままになっていたので、パンを持ってお詫び(?)に出かけました。
時間は午後3時10分。先方が午後3時までしかやっていないそうで、今日は間に合いませんでした。
「急いでないから、来週でいいよ。元気になってからで」そう言ってくれました。
うつしては悪いので、約束は、来週に延期です。

家に戻り、遅めの昼食↓を摂りました。
iym070208a.jpg
ゴマ・カフェ・オ・レ
を作って飲みました。レシピはこちら

まだまだ元気です。
その証拠に↓ピタを焼きました。
pdi070208b.jpg

夕飯にKIZARMIŞ SOĞAN↓を作りました。レシピはこちら
ymk070208.jpg

ピタを一口大に切って、İSKENDER KEBABI(イスケンデルケバプ)も作りました。
pdi070208c.jpg

壊れました。
ありえないけど、あった!こんなこと↓
pdi070208d.jpg
ミキサーの底、プラスチックが溶けて、取れた
使い方が悪いせい?
それともトルコ製だから?

ぶり返し 2月7日

昨日は(多分)なかったのに、またぶり返したのか、熱が出てますー。
38度の一歩手前、37.9度。
ある年齢を境に、風邪を引くと必ず熱が出るようになりました。

2日にçullukに触って、3日間の潜伏期間で、5日に発熱。
çulluk(チュッルク)の怨念か?
やっぱ、鳥インフルエンザ?
なんて冗談言ってないで、とっとと休みます。
って、まだ夕飯食べてないよーぅ。(←トルコ時間9時半)
今日は、ほっとけばできるので、クリームシチューを作りました。
クリームシチューで温まって、薬飲んで、ゆっくり休みます。
オヤスミナサイ

ブラックホール 2月6日

突然ですが…
ウチにはブラックホールがある。
ここに住み始めてから約1年半が経ちました。
ピーラーがなくなってから1年、大きいスプーンやフォークもなくなって、見つかっていません。
キッチンのどこかに、見えないブラックホールがあるんです。

今朝、いつものようにイスマイルを玄関先まで送りに出てみると、昨夜、出しそびれて置いておいたゴミ袋が散らかっていました。
どこからか猫が入ったみたいです。
下の玄関はオートロック、ここは5階で、上は屋上。
どこから入ったんでしょう。

そんな事はどうでもいい。
散らかったゴミを片付けようとしたら、昨日使い切れなかった、半分に切った玉ネギが落ちていました。
捨てるつもりはなかったけど、無意識に捨てていたようです。

もしかして…
ブラックホールの正体?

今度から気をつけよう。

iym070206a.jpg
風邪、酷くはなっていないけど、栄養を摂るために(これ以上摂らなくてもいい?)、ゴマ・チーノゴマ・オ・レを飲みました。レシピはこちら

体調不良 2月5日

風邪に加えて、いつもの頭痛。

午前9時半頃、朝食ナシでイスマイルを送り出し、午後6時半までずーっと布団の中。
トイレも行かず、食事もしないで。

どうやら頭痛の原因は、昨日着ていたブルーのセーターみたい。
カットソーの上にこのセーターを着ると、何となく身体が動かしにくい。
もともとSサイズで、洗濯して縮んだのか、私が成長したのか、、、
やっぱ、太ったかな?

やっと起きたけど、まだ頭は痛いし、身体が痛くてだるくて、もしかして寝過ぎか?
熱を測ってみたら、37.7度もあるやん!
微熱のせいで、身体がだるいらしい。

そんなんでも、お腹は空いてて、何か食べたい。
パンもないし、お米も一粒もないし、食欲はあっても、うどんを作る元気はない。
カフェオレ飲んだり、ジュース飲んだり。
夕飯を作って、スープとサラダを少しつまんだ。

イスマイルが帰ってから、çulluk(チュッルク・やましぎ)の解体をしてもらいました。
さすがの私も、羽をむしることはできても、首や手足を切り落とすことは…
3日前に獲ってきたçulluk、今日やっと食卓に上りました。
イスマイルがトマトソース煮込みを作ってくれました。
pdi070205a.jpg
赤っぽい肉がçulluk、白っぽい肉が鶏。

鳥インフルエンザ 2月4日

何となく喉がおかしい。
痰もからむような。
風邪?
もしかして、一昨日のçulluk(チュッルク・やましぎ)の…
渡り鳥だし、鳥インフルエンザ?
日本人初の感染者?ヤバイ!

在トルコ日本国大使館によると、去年の12月18日現在ではトルコ国内で取りインフルエンザは発生してないらしいけど。。

風邪を引いてても食欲はしっかりあって、おやつにマカロニチップスを作りました。
レシピはこちら

親戚の婚約相手 2月3日

FATSAから南へ車で約1時間、ERGENという村に義従兄の家があり、アンネ(義母)とアイシェヌル(義姉の次女)が、先週の日曜日から泊まっています。
ファットマアブラ(義姉)とメリケ(義姉の長女)とイスマイルの4人で、迎えに行きがてら、遊びに行ってきました。
FATSAから南へ~といっても、山奥なのでスゴイ雪でした!
pdi070203a.jpg
コレは途中の村。

義従兄の次女が、先週の日曜日に婚約前の約束をしたそうで、明日相手の家に話をしに行くことになっているようです。
相手と言うのはファットマアブラの隣に住むアブラの友達の息子さん。
アブラと仲がいいだけで、相手のことをよく知らないのに結婚させるのは反対のようで、イスマイルの「待った!」の一言で、一週間延期になりました。

彼はお酒もタバコも呑まないし、ちゃんとナマズ(礼拝)もする真面目な人。
彼となら幸せになるかもしれない、他の人だったら幸せになれないかもしれない、彼女の人生を左右するかもしれないのに。
それもちゃんとわかっていての「待った!」なので、何もいえませんが、「相手がトルコ人だから嫌だ!」と言うのが本音のようです。
お前もトルコ人だろ!
なんて、思うかもしれませんが…私もそう言いました。(笑)
イスマイルは国籍はトルコなのですが、身体に流れているのはグルジアの血。
自分達グルジア人と、トルコ人は違うらしいのです。

先日婚約したアービィ(義兄)の長女の相手がトルコ人で、メリケの彼氏もトルコ人。
トルコ人ばかりになるのが、気に入らないみたい。
確かに親戚も友達も、ほとんどがグルジア人です。
何が違うのか…私は日本人で、もっと違うのに。
イスマイルが説明してくれたけど、よくわかりませんでした。

彼女には幸せになって欲しいし、これからどうなるか。。。
見守っていきたいと思います。
pdi070203b.jpg
義従兄の家の窓から

アンネからのプレゼント
pdi070203c.jpg
縫い針と糸で一針一針結んだ心のこもったもの。
pdi070203d.jpg
ありがとう。
でも、スカーフ被るのはちょっと…首にでも巻こう。

慣れ 2月2日

昼にインターホンが鳴り、出てみると「小さい息子がそっちに行くから、鉄砲渡して」とイスマイル。
小さい息子=義兄の次男だと思っていたら、イスマイルの店の隣の店の息子さんでした。
日本でこんなことしたら「人の子を何だと思ってる!」って、叱られるね、多分。
トルコでは、年が上ほど偉いという考え方なのか、子供は親や大人に、弟妹は兄姉に使われることがよくあります。
「パン買ってきて」「そこのドア閉めて」「アレ持ってきて」「コレやって」なんて、当たり前のこと。他人の子供を平気で使うのも日常。
日本の「初めてのおつかい」の番組を見て、感動している場合じゃない。

鉄砲を持って行ったってことは、狩に行ったのか?

夕方、電話がかかってきて下まで下りてみると、手渡されたのはçulluk(チュッルク)、やましぎでした。
pdi070202a.jpg

前のときは、初めてだったので、恐る恐る触っていたのに、今回は結構平気。
慣れってスゴイ!って、2回目で慣れたってのもスゴイかも。

前回は、羽をむしり取るのにプラスチック手袋をしてやっていたのに、今回は素手!
さっきまで生きてたから、まだ生温かく、それを感じながらの作業。
こんな姿になりました。右脇を撃たれたようです。
pdi070202b.jpg
前はしっぽだけ画像にしましたが、クリスマスに売られている丸焼き用のチキンを思えば同じかな?
そう思って、今回はモロ出しです。

夕飯は焼肉なので、コレも一緒に焼いて食べるか、どうやって食べよう?
結局、夜の食卓には上りませんでした。
iym070203b.jpg
自家製焼肉のタレ、レシピはこちら

長居しました 2月1日

ファットマアブラ(義姉)とメリケ(義姉の長女)が、双子の義妹の家に遊びに行くというので、一緒に行くことにしました。(←午前10時過ぎに決定)
「少しあとで」とは言っていたけど、トルコ人はあまり時間を守らないので、どうせ早く行かないだろうと、身支度や家の片付けをゆっくりのんびりやっていたら、11時に迎えに来てしまいました。
食器類の洗い物の途中で、部屋も散らかったまま。
しかも、私はシャワー後で髪を乾かしてなくてベタベタ、それに、スッピン!
「なんで準備してないの?ドゥクルク(←イスマイルの事)言わなかったの?」
そんな事を姪っ子に言われ、「いつも待っても来ないのはそっちやん!」って心の中で文句を言いながら、食器は洗いかけ、部屋は散らかしっぱなし、私は帽子を被りスッピンのまま、出かけさせられました。

街中からミニバスに乗り、まず行ったのは、アイヌル(義妹のひとり)の家。
ここは下階にアイヌルの家族、上階にはアイヌルの義弟家族・舅姑が住んでいます。
みんな上階に集まっていたので、そちらにお邪魔しました。
すぐに食事とチャイを用意してくれ、ご馳走になりました。
どこのお宅にお邪魔しても、何かと食べさせてくれるので、ホントにおもてなし上手だなぁ、なんて、いつも感心してしまう。

ルメイサ(アイヌルの長女)が風邪を引いているからと、アイヌルたちは病院に出かけてしまいました。
折角遊びに来てるのに…って思うのは日本人の私だけ。
お客さんでも身内なら、留守番頼んで出かけるのがトルコ人。
残ったのはアイヌルの義弟の嫁、その子供二人、お姑さん、アブラ、私。
私はいつものように子供相手に遊びました。(←子供しか相手にしてくれない?)
退屈しないし楽しいので、子供と遊ぶのが結構好きです。
って、「子供に遊ばれてる」って言い方の方が合ってるかもしれませんが。

長居するつもりはなかったけど、アイヌルの家で夕飯をご馳走になり、いつの間にか8時半になっていました。
それから、近所に住むもうひとりの双子の義妹、アイシェのところに押しかけ、チャイをご馳走になり、10時過ぎまで遊んでたかな。
イスマイルが迎えに来るまで、アイヌルの家で待たせてもらって、家に帰ったのは11時半。
12時間以上も家を空けて遊んでました。
帰ってみれば、朝のやりっぱなしの状態。(←当たり前だけど)
明日にするわけにもいかず、、、片付けましたよー。

トルコの小切手、Çek(チェキ)
pdi070201a.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

シィ

シィ

シィのBlogへようこそ♪
メインサイトへは、リンクの『トルコのここ!』からどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。