トルコ@気のむくままにっ記

トルコ北東部、観光ガイドには載っていない田舎で、の~んびりした毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナ・ニ・カ

毎日、夜明け前まで起きてたラマザン(断食月)。
ラマザンが明けてから1週間経つのに、深夜になっても眠れません。
で、布団に入ってもパソコンやってます。

さっき、突然テレビがつきました。
私が動いて、腕がリモコンに触ったのでしょうか?

イスマイルが「テレビを見ながらしか眠れない」と、寝室があるのに、二人ともリビングのソファベッドで寝ています。
足の方にテレビ、リモコンは二人の枕の間。
リモコンからテレビまでには布団があるので、どう考えてもテレビがつくなんて考えられません。

なんで?やっぱり何かがいるのでしょうか?
何かトルコのここ!の[KOY]→[犬]→[怖?!]をご覧ください。

続きを読む »

スポンサーサイト

日本からのお客様 10月30日

「天気になぁ~れ!」の願い通り、天気になりました!

昨夜、甥っ子のジェナン家族4人が日本からやって来ました。
疲れているだろうから、昨夜は遠慮して、今日の昼過ぎにジェナンたちが居るお義兄さんの家に行ってみました。
私たちが日本を発ってから、約一年半ぶりのご対面。
ジェナンは出かけた後で、Mちゃんは相変わらず。子供が一人増え、上の子は随分大きくなっていました。
Mちゃんはちょうど化粧の真っ最中で、鏡越しにアレコレおしゃべり。
Mちゃん:エリフ、私前より化粧するの早くなったでしょ。前は3~4時間かかってたもんね。
シィ:そんなに?!私、10分やわ。
M:10分?
お互い驚いた。

早くなったって、半分になったとしても1時間半~2時間でしょ。
いくら大きい顔の人でも、顔の大きさってある程度までやん。
どこに何をどうやって塗ったら、そんなに時間がかかるの?不思議です。
多分彼女も、どこに何をどうやって塗ったら、そんなに時間がかからないの?って不思議に思ってるんでしょうね。

私の素ッピンを知るジャポンアイシェは、化粧をすると私は別人だと言います。
10分あれば、変身できる!これ、特技になるかな?

Mちゃんの化粧が済み、Mちゃん、上の子、エリフの4人でパザル(青空市)に出かけました。
昨日までの雨と、もともとの悪い道で、彼女は「もう泣きそう」って何度も言ってました。

上の子(もうすぐ3歳)が、私に「おばちゃん」って言います。
日本の甥っ子姪っ子にも「おばちゃん」なんて呼ばせていないので、「おばちゃんじゃなくて〝シィちゃん〟ってよんでね」って言ったら、そのあとからは〝シィちゃん〟って呼んでくれるようになりました。
素直でいい子です。
何回か「おばちゃ・・シィちゃん」って言い直すことあったけど。

あんなにいい天気だったのに、3時半過ぎには雨に降られ、ジェナンに車で迎えに来てもらいました。
私は買い物があるので、乗らなかったけど。

模様の正体

朝(10時過ぎ)目が覚めて・・こんな時間なのに、部屋がとっても薄暗い。
ふぅ~~っ、やっぱ今日も雨かぁ・・・あれっ?壁に模様?
ハッキリクッキリではないけれど、リビングの壁に何やらモヤモヤ模様が。
あ゛

トルコの建物の壁は、穴の開いたレンガを積み重ねて、上からコンクリートが塗ってあります。
外壁は、最近はアメリカの外壁材を使ったものもありますが、ペンキを塗ったり、タイルを貼ったりしたのものが多く、コンクリートのままのものも少なくありません。
何も塗ってないレンガむき出しの建物もあります。

ウチの建物の外壁は、コンクリートを塗ったままの状態。
だから、雨が壁に滲み込んできたのです。↓
pdi061029a.jpg

26日の昼過ぎから降り出した雨は、止んでもどんよりした空で、またすぐ降りだして、今日までそれの繰り返し。
昨夜遅くも、結構雨が降っていました。

トルコの家では、よくあることだから驚きはしません。
すぐ上の階が屋上のウチは、もうすでに天井に雨が滲みて、少し塗装が剥がれています。
でも、ウチはまだマシかも。カビが生えてる家もあるんですから。

この長雨のせいで、私も外に出かける気にもなりません。
今日天気が良かったら、友達と畑でBBQやるはずだったのに、残念ながら雨で中止。楽しみにしていたのに、残念。

こんなに雨が続くと、私も家も、カビ生えるよぅ~。
明日こそ、天気にな~あれっ!

タイムスリップ!?

10月の最終日曜日の午前1時には、サマータイムだった時間から1時間戻します。
時間をずらすのは何回も経験しているけど、この時間は寝ているか忘れていて、いつも夜が明けてから時計の時間を1時間ずらしていました。
でも今日は、その瞬間を実際に体験したい。
パソコンは自動調整になっているので、日付と時刻のプロパティを開き、ブログに貼り付けた時計も見ながら、その時間を待ちました。
1時まであと5分、3分、2分、1分、30秒、10、9、8・・2、1、!!
あれ?
・・5、6、・・10秒、20秒、1分、2分・・5分
あれれ?
どちらも時間が変わりません。
なんで?何気にブログを更新。
この瞬間、タイムスリップー戻りました!12時です!
でも、パソコンの日付と時刻のプロパティの時間は変わらず、1時間の時差。
なんだか中途半端で、スッキリしない。
しばらくパソコンをやりながら、時々時間をチェック。
変わる気配なしです。

が、またタイムスリップー変わりました!
変わってから5分が過ぎてたけど、2時59分→2時5分。
パソコンは3時に変わるようです。

外国に旅行するときも、時差があるとタイムスリップするけれど、移動してなくて時間が変わるのはちょっと気分が違う。
2回もタイムスリップできて、ウレシ♪
起きててよかった。

こんなことで喜べるなんて、私ってシアワセなヤツ。

思うこと 10月28日

10月26日の朝、起きたとき(午後10時半頃)はすごくいい天気で布団を干したのに、昼から曇ってきて午後3時には真っ暗になり、雷雨。
それから昨日、今日とずーっと天気が悪いです。
こう天気が悪いと、外に出かけるのもちょっとねぇ。
そんな私は、昨日も今日も、どこにも出かけず家の中。カビ生えてない?

雨が降ると、いつも思うことがひとつあります。
それは、傘を差さない人が多いこと。
突然の雨なら仕方がないかもしれないけど、こうやって一日中シトシト降っているときも、傘を差してない人が結構居ます。
老若男女、みんな濡れても平気で歩いていて、なんで傘差さないのかなぁって思うんです。

タイルや大理石の床に、直接座ったり裸足でいたりすると、「病気になるから」とよく言われます。
確かに、冷えるから体に悪いと思うけど、雨に濡れるのも風邪引くやん。
そう思うけど、どぉ?

私用 10月26日

きょうは弟の〝タケ〟の●歳の誕生日でした。おめでとさん♪
去年の9月にイスタンブルで会ったきり、何の連絡も、来ることもなく、することもなく。
昨日メール送ったけど、まだ返事は来てないし。

ま、生キテルコトハ、確カダケドネ。(←なんでカタカナ?)
これ読んだら1回くらいメールしろよッ!

※にっ記をご覧の皆様、私用でスミマセン

気になる 10月25日

7月2日の嵐の夜以来、見ることが出来なくなっていたTRTテレビ。
映るように直してくれる人が来て、やっと見られるようになりました。
先日、ウチに来たテレビ取材(た、大変!参照)がTRTテレビ局で、25日の今日はイスマイルに放送日の連絡が来る約束になっていました。
その連絡が来る前までには直したかったので、間に合ってよかったです。

でも・・約束の今日、局の人からの連絡はありませんでした。
前からトルコ人はいい加減だって思ってたけど、やっぱりそのようです。
トルコ人だから仕方がないって思うしかありません。

先週末に、私たちの放送がやったって、イスマイルが友達から聞いています。
その翌日には、イスマイルが店で、チラッとだけ自分の姿を見て、その後は見てたけど放送されなかったそう。
私達が知らないうちに放送されていたんです!

ラマザンの夕飯取材だったから、ラマザンが終わってしまったので、いまさら放送はしないでしょうね。

どんな放送だったのかなぁ。
若く見えたかなぁ?(←無理でしょ)
美人に映ってたかなぁ?(←あり得ん)

アアーーーーーーどんな放送やったんやろ?

気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru気ニナル気になる気ninaru・・・
こんな↑気になるのに・・・。

今日は、ラマザン明けを祝うお祭シェケルバイラム最終日。
この3日間で、ウチに来たお客さんは、テレビを直しに来てくれたイスマイルの友達ひとりだけでした。
ほんとに寂しい家ですね。

狩に 10月25日

夕べ、イスマイルは狩に出かけました。
往復するのに4時間と向こうで1時間いたとしても、5時間かかるから、帰りは深夜遅くか早朝になるって言ってました。
ラマザンの約1ヶ月間、夜が明けるまで起きていたので、まだ体が戻っていません。
待っているつもりはなかったけど、帰って来るまでインターネットやり放題♪で、朝の5時半起きてました。(←気付かれてません)

ひと眠りして、起きたのは昼過ぎ。
狩の話を少しだけしてくれました。
2人の友達と3人でヤイラ(高原)に行き、イスマイルの運転で友達が鉄砲担当。
野うさぎを3羽見つけたけど、捕れなかったそうです。
鶉を捕りに行ったのだとばかり思っていました。
どちらにしても、今日の夕飯になる獲物はありません。

続きを読む »

わかってもらえない 10月24日

断食明けを祝うお祭、シェケルバイラム2日目。
昨日は一日出かけてたので、今日は家にいました。
去年、義妹たちが来たから、誰か来るかと思ったけれど、誰も来ません。
お客さん恐怖症だった去年。
改善したころには、お客さんが来ない家になってしまいました。
寂しい家です。

夕方まで家にいたけど、もう誰も来ないようなので、買い物に出かけました。
鶏肉を買おうと、いつものマーケットへ。
が、鶏肉コーナーには、何一つありません!
もしあるなら、出してくれるかな?と思って、店員さんに聞いてみました。
タヴック ヴァルム?
店員さん、わからなかったよう。
タヴック ヴァルム? タヴック!
まだわからないみたい。
(鶏肉コーナーの方を指差して)タヴック!タヴック!
それでもわかってくれません。
tavukって言ってるだよ!
そう思いながら、鶏肉コーナーまで連れて行き、tavuk・・
やっと、わかってもらえました。

いつも普通に使っている〝tavuk〟という言葉。
通じないってことは、私の発音って、おかしいの?
トルコ語、一から勉強し直しかなぁ?
あ!一からって言っても、今が一と変わらないや。
・・・。

Bayrammubarek olsun 10月23日

ラマザンが終わり、今日から3日間は断食明けを祝うお祭シェケルバイラムです。
朝、ファットマアブラたちと一緒に、村(にある実家)までご挨拶。
っと、その前に、まずは近所の親戚のオジ様のところに行きました。
イスマイルがよくお世話になるところなので、去年もそうだったけど、今年も一番にここへご挨拶です。
「バイラム ムバレッキ オルス~ン」
握手をしてから、片方のほっぺ同士、もう片方のほっぺ同士をくっつけて。
目上の人に対しては、握手ではなく、手の甲にキスしてその手をオデコにくっつけて、そしてほっぺ・・ってのもあります。(男と女の場合、ほっぺではなくてオデコの場合もあり)
イスマイルから順番に、ファットマ、メリケ、アイシェヌル。
そして、私の番がやってきた。
このオジ様は、会うといつも肩をぎゅーっと寄せて『ウチのヨメ』だと大事にしてくれるヒト。
だから、手にキスしないとダメなのに、それって何回やっても慣れない私。だから、遠慮させてもらうわ。
「バイラム ムバレッキ オルス~ン」握手して、ほっぺをくっつけて。
この直後、オジ様にしっかり両手で顔を持たれ、身動きとれない!と思った瞬間、オデコにキスされたぁ~っ!
きゃ~ぁ☆←そんな可愛らしいモノではないですが・・慣れないもので、スミマセン。
イイ年して照れながら、チョコレートをもらって、村に向かいました。

村に着いてジープを止め、降りるころには、周りで子供たちが迎えてくれていて、ごあいさつ~♪
一足早く(泊まったのかな?)、エミネ イェンゲ(2番目のお義兄さんの奥さん)とその娘のエリフもいました。
みんなとのあいさつを済ませ、アンネに食べてもらおうと手づくりチョコを持ってきていたので、1個ずつしか当たらないけどみんなに配りました。
手づくりのお菓子を持って行くと、いつもなら一呼吸おいて「なにこれ?」
でも今日は、チョコレートなのでそんな事はあるはずもなく、すぐに喜んでもらってくれました。ウレシイ!

隣の親戚の家にも、ごあいさつに行きました。
ここのデデ(おじいちゃん)には、ちゃんと手にキスをしないとダメだって言われていたので、仕方なくそうしました。やっぱ慣れないので、変な感じです。

バイラムでは「バイラム ムバレッキ オルス~ン」「アッラー テクラル ナシプ エトゥスィン」「イイ バイラムラル」こんな言葉を交わします。
日本で新年を迎えたときの「明けましておめでとう」「良い年でありますように」「良いお年を(お迎え、お過ごしください)」と同じような意味なのだそうです。
イスマイルが教えてくれたので、当てになりませんが・・私も調べていないので、間違っていたならゴメンナサイです。
日曜日ならもう少しゆっくりしたのだろうけど、月曜日だし、店があるので30分くらいで帰ってきました。
朝起きてすぐに出かけたので、私も家の片付けがあるし。

昼からはメリケと出かけました。
ココからは、【ときどきショッピング】の〝ミニバスでお出かけ〟をご覧ください。

バイラム用のチョコレート

約1ヶ月のラマザンが終わり、ラマザン明け3日間はそれを祝うシェケルバイラム(砂糖祭)です。
お客さんが来たときに差し出せるようにと、手づくりチョコを用意しました。
初めての手づくりチョコにしては上出来♪
っていっても、こんなに簡単なら誰でもできる?
pdi061023a.jpg

アールグレイの生チョコ
㊥先日作ったトリュフ(パウダーシュガーとカカオ)、
㊦畑で取れたヘーゼルナッツ入りトリュフです。

ラマザン最終日 10月22日

ラマザン最後の今日は、早朝のお墓参りの習慣があります。
サフル(断食入り・夜明けの時間)まで起きてて、ほとんど寝てないまま、午前7時。
アピテス(礼拝前のお清め)を済ませ、甥っ子のサメット、イスマイルとともに、ファットマアブラたちを迎えに行きました。
そして、村(イスマイルの実家)に行き、アンネを乗せて、ババラル(お義父さんたち)が眠っているお墓へ。

お墓参りのときは、アピテスはもちろん、女性はスカーフを被ります。
普段被った事がほとんどない私も、今日はチェムベル(綿のスカーフ)を被り、そんな私を見てアンネもアブラも大喜び♪
でもね、ずーっと被るのはお断り!今だけねっ!

お墓に着くと、それぞれお参りを始めました。私はただ、お墓の前に立つだけ。
ここには、ババや私の大好きなアリ(享年5歳)が眠っています。
ババは1995年の夏、突然の心臓発作で他界しました。
アンネは「イスマイルはババそっくり」だって、いつも言います。
私も会ってみたかったなぁ。

トルコでは、土葬です。
コンクリートで作られたひと一人分の囲いに、50cm四方くらいの大きさの大理石には、父親の名前、故人の名前、生年月日(D.T)、永眠された日(O.T)が刻まれています。
頭の先と足先のところに、幅20cmくらいの板が差し込んであるだけのお墓もあります。

墓石に刻んである数字、D.T.1336、O.T.1986。
絶対ありえない!600年以上も生きれるわけないじゃん!
こんな数字が刻まれた墓石、ひとつだけじゃあない。
トルコ人がいい加減な事はわかっていたけど、ちょっと、酷過ぎない?
黙っていることが出来なくて、メリケを呼んだ。
シィ:メリケー、コレ、絶対ウソやん!
メリケ:何が?ウソって?
シ:ほら見て!600歳!
メリケ、大ウケ。こんな場所で、いいのかしら??

帰りにアンネが言いました。
「アナタも、ここで一緒に眠るのよ。」
日本で、入るお墓がない私。ここに埋めてもらえるそうです。

【今日のメニュー】
トマト&チーズのせハンバーグ・ポテト添え、まめ・豆サラダ、ジャジュク(キュウリ混ぜヨーグルト)、ピデ(薄焼きのパン)
pdi061022a.jpg


このにっ記の『気にしな~い』のりささんのコメントから始まった【今日のメニュー】ですが、始めるのも終わらすのも、勝手ながらラマザン最終日の今日で終了させていただきます。

お・よ・ば・れ♪5 10月21日

ひと悶着あっての午後3時半、ファットマアブラからのイフタルご招待は、とってもありがたい。トルコのここ!のときどきショッピング(10月21日)見てね。
朝から一緒の甥っ子サメットとイスマイル、私の3人で、きょうはファットマアブラの家でお呼ばれ♪です。
出先から戻り、パンを持って家に行ってみると、新居が完成していて新居でのイフタルでした。

3階建ての家で、ゼミンカトゥは今は倉庫、1階が前住んでいた部屋、2階が新しく完成した新居。
トルコはヨーロッパと同じで、普通に外から入った階(グランドフロア)がゼミンカトゥ、日本でいう2階が1階で、3階が2階となります。

新居は、白い壁に薄いグリーンの回り縁。私が勧めた色になってました。
塗装前に色の相談をされ、カーテンをそのまま使うと言ったので、生成り地で薄いグリーンの葉っぱ模様のカーテンに合わせたグリーン。
そこにオレンジ色のソファ(コレも前から使っているもの)がよく映えていました。
前は、白い壁にピンクの回り縁だったので、チグハグだったけど、回り縁の色が変わっただけで統一感がでて、素敵な部屋になっていました。
キッチンも最新のもので、ダークブラウンとクリーム色の落ち着いた雰囲気。
気になったのが、狭いキッチンにカウンターテーブル。より狭くなって、これはNG。
でも、嬉しそうにしているのを見ると、そんなことは言えず、私の心の中にそっとしまっておきます。

【今日のお呼ばれメニュー】
ヤイラ チョルバス(高原のスープ・ヨーグルト味)、ジーエル カヴルマ(レバーの焼いたもの)、フライドポテト、サラダ、ピラフ、ピデ(薄焼きのパン)

品数の多いご馳走もいいけど、これくらいが丁度いい。

食後、イスマイルは店へ。
イスマイルの友達のところでのイフタル後の時間を過ごすよりも、お義姉さんだからやっぱ居心地がよく、テレビを見ながらのんびりくつろげました。

午後10時、サメットと一緒に帰宅。
きょう、サメットはウチでお泊りです。
ファットマの家ですでに眠そうだったので、家に着いてまず寝床を用意。
そしたら、すぐに寝てしまいました。
とっても小さな体なので子供みたいだけど、もう中学2年生。
しっかり断食もやっていて、サフルイェメーイ(夜明け前の食事)には、ちゃんと起き(起こし)ます。
エライなぁ~っ。

どっちが悪い? 10月20日

イスマイルに頼んであったADSL料金の支払い。
16日から毎日言っているのに、毎回忘れられて、今日は金曜日。
今日払わないと、月曜日までネットが出来ないじゃん!
また忘れられても困るので、自分で行く事にしました。
イスマイルは明細に何か書き、「店の人に見せるように」って250,00YTL置いて、仕事に行ってしまいました。

午後4時過ぎ。
明細には34,45YTLって書いてあったので、50,00YTL持ち、残りは落としたりするといけないので引き出しの中にしまって、料金を払いにトゥルクテレコムへ。
テレコムに着き、明細を渡してお金を払おうとすると「足りない」って言われました。なにーっ!?
「明細には全部支払いするように書いてあるけど、コレはは誰が書いたの?」
えーっ!そんなこと書いてあったの?そんな事ひと言も聞いてないよ。言ってくれればお金全部持ってきたのにっ!全部って、いくらよ?
困ったような顔で「主人が書きました」そう言ったら、そりゃ、しゃあないやろって顔された。
明細書の余白に110,35って書かれて、とりあえず1か月分払うことにしました。
110,35YTLも滞納してたなんてビックリ!
ああ、ビックリもしてられんわ。残りを払わんかたら今日もネットできんのやない?
でも、またココ来るの?買い物しなあかんし、夕飯作る時間なくなってまう。
もう一回来るの諦めようかな・・・。とにかく買い物してから決めよ。

いつものマーケットに行って、買い物を済ませ家へ。トルコのここ!のときどきショッピング見てね。
時間は午後4時40分になるところ。
車で送ってもらった分、意外と早く家に戻れました。
30分あればテレコムと買い物行けるかな?
ま、イフタルまでに夕飯の支度が出来んくても、イスマイルが何も言わんかったで悪いんやし。
そうやって、イスマイルのせいにして、またテレコムに出かけました。

テレコムで、残りの支払い。
110,35YTL-1ヶ月分=約70,00YTLだと思ったら、残りが110,35YTLだったのでビックリ!
一体何ヶ月滞納しとったの?思わず店の人に聞いてまった。4か月分だそうです。

近くにいたお客さんかな?(二十歳前くらいの)若い女の子に「日本人ですか?」と日本語で聞かれ、とっさにでた返事が「Evet(はい)」
あれれ?トルコ人が日本語で、日本人がトルコ語しゃべってるよ!
急いでたし、それ以上は話してないけど、なんで日本語知っとるんやろ?
そう思いながら、さっき買えなかったものを買いに行き、急いで家に帰りました。

午後5時10分過ぎ。
イフタルまで40分以上あるけど、夕飯の支度間に合うかな?微妙・・・。
と思ったけど、手抜きで何とか間に合いました!

【今日のメニュー】
チキンカツ(私の方は味噌カツ)、インゲン煮、イシケンデル チョルバス(牛のハチノスのスープ・インスタントです)、やっぱりピデ(薄焼きパン)
pdi061020a.jpg

夕飯を食べながら
シィ:きょう2回もテレコム行ったんやよ!
イスマイル:なんで?
シ:お金落とすといかんで、50,00YTLだけ持ってったら足りんかった。
イ:ふ~ん。
シ:(明細書に)書いたときに言ってくれればお金持ってったのに!あなたのせい。
イ:一回払ってないだけで、トルコはそんなすぐには止めらないよ。(←止めないよ)そんな事もわからんかったの?あなたが悪い。

くぅ~~~~~くやしいっ!

今日もコレだけ 10月19日

【今日のメニュー】
ほうれん草のグラタン、ジャーマンポテト、チーズのっけサラダ、ドマテス チョルバス(トマトのスープ)、やっぱりピデ(薄焼きパン)
pdi061019a.jpg

お・よ・ば・れ♪ 4  10月18日

ジープ仲間のイスマイルさん宅でイフタル♪
午後3時半過ぎ、イスマイルからそんな電話が入りました。
イフタルに出かけるまでには約2時間あります。
いつも、何かお菓子を持って行っていたので、やっぱ、何か作らないと・・・。
イスマイルに「いつも同じヤツ」だと言われたので、違うモノ・・・って考えて、冷蔵庫と相談。
チョコレートとクリームチーズで、マーブルブラウニーを作ることにしました。
マーブルブラウニー
ココでいつもならある画像、残念ながらありません

5時半を過ぎ、イスマイルと一緒にイスマイルさん宅へ。
カデルさん夫妻、婚約中のグシュチュとセヘル、そしてウチ。
イスマイルさんの家族はお母さんと奥さん、息子さん。娘さん二人は友達のとこに行ってていませんでした。
10人でも、私にとってはやっぱ大人数です。

【今日の〝お呼ばれ〟メニュー】
エゾゲリン チョルバス、2種類のサラダ、アジの焼いたもの、肉とポテトの煮込み、ピラウ、スボレーイ、パンジャルサルマ、タットゥル

どこに行っても食べきれないほどのご馳走。
欲張りなので、全種類、お腹いっぱい食べました♪

イスマイルだけは店があるので、食べてすぐにいなくなりました。
後片付けをしてから、みんなで今度はチャイの時間。
マーブルブラウニーをチャイと一緒に出してくれました。
でも、見た目が家で作るケーキと変わらないので、不評なの?それとも、お腹いっぱいで入らない?
それでもイスマイルさんだけが食べてくれました。

リビングで男同士、ダイニングでは女同士でいろいろおしゃべり。
セヘルの歳の話から、カデルさんの娘さん(22歳)がセヘルとあまり変わらないらしく、カデルさんの奥さんヤァセミンさんにそんな大きな娘さんがいるのにビックリ!
「今、何歳?いつ結婚したの?」__39(歳)よ。
げっ!17(歳)で産んでるよ!スゲ!

でも、トルコでは早く結婚する人も少なくなく、ウチの隣の3階に住んでる(男の)人は13歳で結婚したって言ってました。←コレは早すぎっ!

しばらくして、男たちはイスマイルの店にチャイをしに行ってしまいました。

リビングに場所を換え、まだまだ続くおしゃべり。
わからない言葉がいっぱいで、いつの間にか私はドゥルスン(イスマイルさんの息子さん3歳くらい)と遊んでました。
子供は、言葉が通じなくても相手してくれるからウレシイ♪

10時過ぎに男たちが戻って来て、そろそろおいとま。
シィ:ドゥルスン、ベン ギディヨン
ドゥルスン:ニイェ?ブラダ カル!
きゃ~っなんてカワイイのぉ~っ「泊まってって」だって~
おネエさん、と・け・ち・や・い・そ~(誰だ?「オバさんだろ」って言ってるヤツは)

嬉しいけど、帰らないとね。
ドゥルスンは何回も、手を振ってくれました♪
グシュチュとセヘルに家の前まで送ってもらい、帰宅。

我が家もいよいよ冬支度 10月17日

最近涼しくなって、天気が悪いと日中でも寒く感じます。
で、登場しました!
pdi061017e.jpg

この薪ストーブ、ウチでは斜め置き。
一番熱くなるのが後ろ側で、壁を暖めてもねぇ。
「もう少しずらして横向きに置けばいいのに」って言われたことあるけど、灰を落とすモノが付いてるので、ソレが使えなくなるから困る。
反対の横向きも考えたけど、灰を取り出すときに狭くなる。
だから、必然的に斜め置きに納まったのであります。

煙突の関係で、薪ストーブの置き場が決まっているので、部屋も衣替えしました。
before
pdi061017a.jpg
after
pdi061017c.jpg

反対側はこんな感じになってます♪
before
pdi061017b.jpg
after
pdi061017d.jpg

重い二人掛けのソファと重い鉄の塊の薪ストーブをひとりで動かしたので、とって疲れました。
おかげでよく眠れそうです。


いつもサフルイェメーイ(夜明け前の食事)は、二人で一緒に作るか、イスマイルが作ってくれます。
今朝は(も?)イスマイルが作ってくれました。
今日に限って、何故か「写真撮らんの?」って言ったので、撮りました。
【今日のサフルメニュー】
私の真似をしたのか、イシケンデルケバブの真似をしたのか、イスマイルの創作料理。と、昨夜の残り物、ほうれん草のヘーゼルナッツ和え。
pdi061017.jpg
鶏肉、ひよこまめ、ナス、ピーマン、玉ネギ、ニンニクを油で炒めて、ヨーグルトとトマトソースをかけ、パセリを散らしてできあがり♪
味はやっぱりイシケンデルケバブ風でした。

【今日のイフタルメニュー】
イズミル キョフテ、ヤプラク サルマス(ブドウの葉巻き)、昨日の残りものの味噌汁、ウズンエキメキ(今日はピデじゃなく、バケット)
pdi061017f.jpg

きょうはイワシ 10月16日

買い物に行っていたら、イスマイルから電話。
「きょうはイワシを食べよう」だって。
ちょっと前まで「まだ暑いからイワシを食べる日にち(時期)じゃない」って言っていたのに。
寒くなるとイワシを食べるイスマイル。今日は、どうやら寒いらしい。

家の近くに来たら、電話を鳴らしてイワシを受け取る約束だったので、電話を鳴らそうと、かけてみた。
がっ!コントル(度数)がなくてかからない!4コントル残っていたはずなのに、ない?!
残度数を問い合わせてみると、-5コントル!?なんで?使ってないのに。

ナゾのまま、その辺をウロウロしていると、イスマイルがジープでやって来ました。
一昨日誕生日だったアイシェヌルと、約束のデートをしてたみたいデス。
イワシだけ私に渡して、すぐどこかに行ってしまいました。
デートの邪魔したかしら?

【今日のメニュー】
こんがりイワシ、ほうれん草のヘーゼルナッツ和え、ひよこまめのサラダ、ジャガイモと玉ネギの味噌汁、やっぱりピデ(薄焼きパン)
pdi061016a.jpg

日本では煮干になっていそうな小さなイワシ。
この小さなイワシが、イスマイルは大好きです。
日本にいたころ、こんな小さなイワシなんてなかなか売ってなくて、見つけたときは全部買い占めてきたのを思い出す。
よく売ってる15cmくらいのイワシは「イワシじゃない」って言うんですよ!

お試しメニュー1★こんがりイワシ
材料:イワシ、コーングリッツ(とうもろこしの粉)、塩、サラダ油
作り方:①イワシに塩をふり、コーングリッツをまぶします。②フライパンに多めの油を熱し、①を並べます。③両面焼ければできあがり♪
※コーングリッツの色が濃い黄色になるまで焼きます。(もちろんイワシに火が通るまで)
お試しメニュー2★ほうれん草のヘーゼルナッツ和え
材料:ほうれん草、ヘーゼルナッツ、ニンニク、キムヨン(クミン)、塩、コショウ、オリーブ油
作り方:①ほうれん草は茹でて水気を絞り、食べ易い大きさに切る。②ヘーゼルナッツを細かく砕く。③ニンニクはみじん切りにする。④ボウルに①~③と調味料を入れて和えればできあがり♪
※キムヨンとコショウは多めに入れるのがポイントかな?味見しながら試してみて。

今日もコレだけ 10月15日

【今日のメニュー】
ロールチキン・トルコ風粉ふきいも、パットゥルジャン サラタス(焼きなすのヨーグルトサラダ)、にんじんのスープ、ピデ(薄焼きパン)
pdi061015a.jpg

粉ふきいもはドマテスサルチャ(トマトペースト)味です。

お・よ・ば・れ♪ 3  10月14日

今日のイフタルは、レストラン『ドルナイ』でパルティ(政党)の会食。
家族も連れて行けるということで、私も連れて行ってもらいました。
十数人の党員や関係者が、入り口でお出迎え。
選挙権のない私にも、「ようこそ」と言って握手してくれました。
レストランは貸切で、200~250人くらいの人。そのうち8割ほどが男性。
席に座り、まだ時間まで15分ほどあったので、店中の人たちを眺めてました。
そこで、目に付くのは光り輝く〝ハ○頭〟
前から思っていたのだけれど、トルコのハ○たちには、バーコードにしている人がほとんどいません。
私の知っている限りでは、ひとりだけ。(←希少価値あり)
あとは、ハ○るがまま~。
細かい事なんて気にしないトルコ人。
だから、ハ○てる人も、周りの人たちも、気にならないんでしょうね。
ハゲばんざ~い

【今日のメニュー】
サラダ、オリーブとチーズ、エゾゲリン チョルバス(スープ)、肉と野菜の煮込み、ピラウ、
ハチミツ、フルマ(干しナツメヤシの実)、タットゥル(一口ドーナツのシロップ漬け)

食事が済んだら、みんなさっさと帰り始めました。
話とか何かあると思っていたのに、ただ、食事をしただけ。何もないようです。トルコらしいなぁ。

収穫の秋 10月13日

畑へキノコを探しに行くことになりました。
昨日の雨で、ジープでも畑に入れません。(←道が泥濘んで出るときが難しい)
今日は(畑の)上の道から歩いて畑に入ることにしました。
いつもは道の端に駐車するけど、今日は、人んちの前に駐車。
勝手に駐車して、勝手にそこの家の庭から畑へ。(←何も言ってかなくていいらしい)

まだ時期が早いのか、誰かが採ったあとなのか、今年は少ないのか、キノコが見つからない!
でも、なんとか今日の夕飯二人分は採れたかな?

栗の木があるので、そっちへ行ってみました。
大きい木なので、落ちてるのを拾ったけど、木の割に合わない小さな栗が少しだけ。
キノコも栗も、残念ながら去年ほどありません。
車に戻る途中、イチジクが生っていたので、いただき~♪

ジープを置かせてもらった家の奥さんたちが、玄関先でインゲンを広げて作業をしていました。
その横を、何もないかのように通り過ぎ・・・って訳にはいかないよね。
イスマイルを呼び止め「あなたのジープだったの?誰のかと思ってたわ」って、笑ってました。
ほらぁ、何も言わないで置いてくからだよ!怒られなくて良かった。
彼女が「鶏肉を買いに行きたいけど、車がなくて行けない」と言ったので(だから怒られなかったのかな?)、ジープを置かせてもらったお礼に買いに行ってきました。
鶏肉を渡すと、インゲンを一袋くれました。ウレシ♪
やっぱ、昔からよく知ってるから、怒るような事はないのね。

帰り道、ローズヒップがこんなに実をつけていました。
pdi061013a.jpg
誰もとらないようで、もったいないから私が採ってあげました。
近くに、コケモモかヤマモモかそんな木の実もあったので、それも一緒に♪

今日の収穫
pdi061013b.jpg
中央の黒っぽいのは栗。小さいでしょー。

【今日のメニュー】
いんげんと肉の煮込み、キノコ炒め、ジャガイモのスープ、ピデ(薄焼きパン)
pdi061013c.jpg

今日はコレだけ 10月12日

【今日のメニュー】
鳥のから揚げ、ヨーグルトサラダ、わかめの味噌汁、写ってないけど、やっぱりピデ(薄焼きパン)
pdi061012a.jpg

ちょっと日本風デス。
チューリップチキンなんて売ってないから、自分でこしらえました。
上手いでしょ♪

お・よ・ば・れ♪ 2  10月11日

今日は、アーデムさん宅でイフタルイェメーイ(夕食)。
手土産に、いつも作るチーズケーキに煮リンゴを入れて、アップルチーズケーキを作りました。

アップルチーズケーキ
pdi061011a.jpg


イフタルに合わせて、午後6時前にアーデムさん宅へ。
今日は、リジョさん家族とアーメットさん家族、そしてウチ。
昨日よりも多い、15人での夕食。
おもてなしに慣れてるトルコ人にはどってことない人数。
私にはとてもとても・・・。メニューを考えるだけでも遠慮したいよ。

【今日の〝お呼ばれ〟メニュー】
シェフリイェ チョルバス(スープ)、2種類のサラダ、トゥルシュ(漬物)、ナスと牛の煮込み、キョフテ、ピラウ、タットゥル、フルーツ(イチジク、ブドウ)

好き嫌いのない私は、全部いただきました~♪

夕食後、男たちはイスマイルの店に行ったのか、やっぱりみんないなくなってしまいました。
残された私たちは、みんなで後片付け。と言っても食洗機がやってくれるので、簡単♪
昨日のリジョさんちも、ココも、食洗機があるって便利だなぁ。
ウチは、お客さんが少ないから必要ないけどね。

後片付けをして、食後のチャイ。
今日は、チャイと一緒に、持って行ったチーズケーキを出してくれました。
始めて見る〝コレ〟に、「なに?」と言う反応。(←いつもの事なので、もう慣れたけど)
トルコ人は(田舎のココは特に)トルコ料理以外、あまり食べたことがないから・・・食べたがらないし、仕方がないのかも。
最近は、チーズケーキもプリンもシュークリームもブラウニーも、外国から入ってきている(簡単に作れる○○の素が売っている)みたいだけど、やっぱり、バクラヴァ、タットゥル、ヘルヴァなんかのトルコのパスタ(お菓子)がいいみたい。
トルコのパスタは甘すぎて私の口には合いません。(2個が限界)
逆に、日本人好みの甘さ控えめでは物足りないのかもね。

少なめの一口。
「んん、おいしい」って、言ってくれました♪(←社交辞令?)
「アップルチーズケーキだよ」って言ったら、安心して(?)か、全部食べてくれました。
チーズケーキはあっちこっちに持って行ったけど、ちゃんと食べてくれるので、口に合うのかな?

午後9時過ぎにリジョさんが迎えに来て、ついでに家まで送ってもらいました。

お・よ・ば・れ♪

今日のイフタルイェメーイ(夕食)はリジョさんのところにお呼ばれ♪
ラマザンのときは、身内や友達を呼んで、夕食を一緒に食べたりします。

〝お呼ばれ〟しても、あとで〝ご招待〟は料理に自信がないので私には無理。(断食中は味見もできない)
なので、パスタ(お菓子)を持って行く事にしました。

リジョさんは、奥さんと双子の女の子の4人家族。
双子ちゃんはまだ4歳なので、子供が喜びそうなシュークリームを作りました。

バナナ入り生チョコカスタードシュー
pdi061010a.jpg

イスマイルは、ときどき店を閉めてから、カーヴェハネ(喫茶店)に寄ってきます。
私は女なので中には入ったことがないのですが、ゲームやトランプをやるところで、男達の雀荘のようなもの。
先日、勝ったらしくて2回続けてバナナを持って帰ってきました。
↑負けた人が勝った人に〝何か〟を買うそうで、バナナだったみたいです。トルコではバナナは高級(?)で3,00YTL/kgします。
そのバナナを使って。

午後5時半、リジョさんのお宅前には、グシュチュとセヘル、アーデムさん家族の姿。
8人も呼ばれていました。

家に上がると、まだ料理を作っている最中。
パッと見ただけでも、スゴイご馳走です。

【今日の〝お呼ばれ〟メニュー】
野菜サラダ、ヨーグルトのサラダ、ぶどうの葉のサルマ、エリシテのスープ、肉&ひよこ豆煮、ナスのトマト煮、いんげんの煮もの、ス ボレーイ、スパゲッティ、ピデ エキメキ、最後にタットゥル(シロップ漬けのカステラ&クッキー)

少しずつ、全部いただきました♪エリネ サールク

食後、ゆっくりする間もなく、男の人たちはみんなイスマイルの店にチャイをしに行ってしまいました。
商売繁盛!デス。

残された私たちも、もちろん♪
夕飯とチャイをご馳走になって、帰りにはリンゴとナシまでお土産にもらってきました。
チョク テシェッキュル エデリム!


お邪魔してすぐに渡したパスタ。
最後まで私が持っていったパスタを見ることはありませんでした。
気に入ってもらえたか、気になる・・・。

明日は、アーデムさんちに〝お呼ばれ♪〟デス。

トルコで初!

珍しく、買い物に付いて来てくれたイスマイル。
野菜を買ったあと、急に「今日は魚を食べよう!」と言い出し、魚屋さんへ。
近くにある露店の魚屋さんで買うのかと思ったら、通り過ぎて・・・。
ジャーミー(モスク)の近くにある魚屋さんにたどり着いた。

ここは、私が前から気になっていた魚屋さん。
私が初めてトルコに来たとき、ここはハマム(トルコ風呂)だったんです。

『魚屋さんになって、気になったのなら行ってみればいいのに。』
そう思うかもしれませんが、魚や肉を買うのはほとんどが男の人。
魚や肉はいつもイスマイルが買ってくるので、私は買ったことも、店に行ったこともありません。
だから、気になっていても行けないんです。

今日はイスマイルにくっ付いて、初の魚屋さん。
入り口から見えるのは、数人の男の人。
やっぱ、オンナは入ってダメなのかな?
そう思って聞いてみると、「ダメじゃないよ」とイスマイル。
私も「じゃあ」と、中へ。

小さいけど、日本の魚市場みたい。
一店舗が一坪くらいで、台に魚が並んでました。

最初に目に入ったのはヒラメ。
「ヒラメの刺身に縁側・・・食べたい!」
でも、高いのを知っているので我慢我慢。

イワシ、アジ、カツオみたいな魚、あとは名前を知らない魚たち。
隣にいたおじさんが、カツオみたいな魚を指差して値段を聞いていました。
カツオみたいな魚は一匹5,00YTL。
高っ!って、ビックリしていたら、イスマイルはその魚を2匹頼んでいました。

アマゴとイワシ、マグロ、たまにサバしか食べた所を見たことない私は、カツオみたいな魚を買ったことにWビックリ!2匹も買うからトリプルビックリ!!
思わず「2匹もどうするの?」って言ってしまった。
ひとり1匹ずづの計算らしい。けど、そんなに食べれないよぅ。
でも、あんまり言うと逆切れされるので、話題を変えました。

シィ:これ、カツオでしょ?刺身で食べれるね。
イスマイル:カツオじゃないかもしれんよ。(←今日もオンナ言葉デス)
シ:カツオやて。
イ:今まで日本でもさしみ食べたとこなんて見たことないのに、なんで今刺身なの?
シ:食べとったよ!豚肉とかも、目の前で食べないようにしとっただけやん。
イ:ダメ!カツオと思って食べて、なんかあったらどうするの。アナタ死んだら困るよ。『Palamut』って、赤い本(辞書)で調べて。
私のことを、心配して言ってくれていたのでした。ありがたやぁ~。

家に帰り、すぐ辞書で調べてみたところ、『モトハガツオ』って書いてありました♪

イスマイルのカツオの調理法は、塩をふって油で焼くだけ。
1匹は言われたとおりに。
もう1匹は私のカツオ。
やったこともない3枚下ろしに挑戦して、真ん中の骨の部分は、もったいないのでスープにしました。
身の半分は、イスマイルのカツオと一緒に焼いて、半分は鰹のたたき♪のつもりが、身が柔らかくて崩れてしまったので、ネギと一緒に包丁でたたいて、ネギトロ風に♪

【今日のメニュー】
焼き鰹、サラダ、バルク チョルバス(ヨーグルト味)、自分専用のカツオのネギトロ風、画像にはないけどピデ(薄焼きのパン)←また忘れてた pdi061009a.jpg

ひとり1匹のカツオはやっぱり多すぎて食べきれず、サフル(夜明け前の食事)に残りを食べました。

〝カツオのネギトロ風〟おいしかったけど、イスマイルが言ったように、ちょっとばかり心配。
ココはトルコ北東部。生魚を食べる習慣なんてない。
もしかしたら、なんかあるかも。
な~んて、思ってたけど、食べてるときは忘れてた。
今のところはなんともないけど、もしかしたら・・・おなかで〝ムシ〟が育つかも!?
どうか、そんなことになりませんように。アーミン!

続きを読む »

のんびりと

起きたら、もう午後1時になろうとしていました。

早朝、朝まで起きている私に、
「なんで寝ないの!わかった。朝9時に起きて畑行くわ。朝になればアナタわかるわ。」
なぜか〝おんな言葉〟のイスマイル(オカマだった?)が怒ってそう言ってた。
なのに、二人とも爆睡でした。

起きたらすぐに出かけるイスマイル。
今日はなぜだか、のんびりテレビを見ています。

いつも居ない人がたまに居ると、居てもいいんだけど、邪魔だなぁ。
テレビの音が聞こえなくなるのが悪くて、掃除機もかけられやしない。
イスマイルの家だし、邪魔なんて言えないし、言ってまたケンかになっても困る。
片付けだけやって、仲よくテレビを見ることにしました。

2時半過ぎ、グシュチュからの電話。
やっぱり、家でじっとしていられないようです。

一人残された私。
買出しに行こうと思ったけれど、明日はパザル(青空市)なので、今日より明日の方がいいし。
街へ行っても、日曜日で店の半分くらいは休み。

今日一日、のんびりするかぁ。(←いつものんびりしているくせに)

先日採って来たアジサイが、水に浸けておいたのに、ドライフラワーになりかかっていました。
湿気が少なく乾燥しているせいか、色がそのまま残っています。
捨てるのはもったいないので・・・
取っておいた去年のカレンダーのワイヤー3本(この→閉じるためのグルグルしたワイヤー)と、取っておいたブルーのビニールのリボンで、リースを作ってみました。
何でも取っておくと、使えるわ♪
秋っぽくないけど、どぉ?
pdi061008a.jpg


【今日のメニュー】
パタテス ドルマス(ミンチ入りポテト)・マカルナ添え(ぺペロンチーノ味)、2種類チーズのサラダ、ヤイラ チョルバス(ヨーグルトのスープ)、画像にはないけどピデ(薄焼きのパン)←忘れてた
pdi061008b.jpg

ヘーゼルナッツ畑で

普段、朝早く起きることなんて滅多にありません。
今はラマザンで、サフル(夜明け)まで起きているので、ちと、日の出を見に行きました。(行ったと言ってもすぐ上の屋上ですけど)

黒海からの日の出を期待したのですが、やっぱり、黒海は北にありました。
東の山から、と思ったら、建物が邪魔をして日の出は見えません!残念。
pdi061007a.jpg

反対側の西の空を見てみると、ちょうど月が沈むところでした。
月は朝日を受けて輝いていました。
サフルは4時58分。これは6時過ぎの画像です。
pdi061007b.jpg
同じ時間なのに、東の空と西の空、全く違いますね。

午前11時ごろから、畑へ薪割りに行きました。
いつもはよく仕事をするイスマイルも、風邪で今日は調子が出ません。
「体痛いし、お腹空いたし、眠たいし・・・少し寝ようかな」
微熱でもあるのか、そう言って、寝てしまいました。
pdi061007c.jpg
↑昼寝中

やることのない私は、畑を散策。(←薪割りも見てるだけで何もしてない)
8月半ばに収穫を終えたばかりなのに、葉っぱの陰に隠れるようにして花が付いていました。
これが、来年、またヘーゼルナッツの実になります。
pdi061007d.jpg

キノコ発見!
pdi061007f.jpg

裏側に、ミルク(のような汁)が付いてたら、食べられます♪
pdi061007g.jpg

でも、まだ少し早くて、あまり見つけられませんでした。
キノコ狩りはまだまだオ・ア・ズ・ケ。
早く出てこ~い!

そんなキノコのすぐ横には、別のキノコ。肉厚でおいしそう♪
pdi061007h.jpg

でも「これは食べれない」って聞いています。
食べれるかも知れないけど、まだ死にたくありません。
毒キノコなのでしょうか?

枯れ葉や雑草に混じって、シクラメンの姿も。
日本で見るシクラメンよりも、かなり小さいけど、冬にはピンクの花が咲きます。
pdi061007e.jpg


イスマイルは、1時間ほど寝ていました。
体は少し楽になったようで、薪割りの続きをやりました。
休憩をしながらの~んびりと、4時ごろまで畑にいたかな。

長い時間畑にいると、トイレに困ります。
前は〝その辺〟で、済ませていました。
今は〝手づくりトイレ〟があります。
今年の収穫前に、イスマイルが作ってくれました。
こんなトイレですが、〝その辺〟よりも、ずっといいです。
上手くできているでしょ?
pdi061007j.jpg

8月半ばの収穫時期には、このトイレが大活躍!
13人のアメレ(仕事をする人・アルバイト)たちも、喜んでくれましたよ。

トイレットペーパーも、ちゃんと置けます。
pdi061007i.jpg

水はね、ないので持参なんですがね。
今日はうっかり忘れてしまって、手、洗えなかった。汚い?

く、車から煙がっ!

車の後部から立ち込める煙。
くっ、車から煙がっ!危ない!!
pdi061006a.jpg

安心してください。
これは殺虫剤を撒いているのです。

夏(近く)になると、毎夜こうして薬を撒いてくれます。
ありがたいのですが、4階に住んでいる私には、ちょっと困ることも。
撒いた薬が、ウチの方まで上がってくるから、効果があるようで、でも・・・。
夜は、真夏でも十分涼しく、風が入るように窓を開けているのですが、日本のように網戸なんてありません。
薬に追われた蚊が、家の中に入ってくるみたいなんです。

このところ、夜は特に涼しくて寒いくらい。
なのに、今日も殺虫剤を撒きながら移動してました。
バルコニーから写真を撮って、部屋へ。
「こんなに涼しいんやで、蚊なんていないやん」
そんなことを思った直後、耳元を聞き覚えのあるあの音が。
プ~~~~ン
・・・いた!


【今日のメニュー】
シィのケバブ(イシケンデル風ケバブ)、ノフット ピヤズィ(酸っぱひよこ豆)、ピデ(薄焼きのパン)
pdi061006b.jpg

シィのケバブは、こんがり焼いた鶏肉と多めの油で焼いたナス&ジャガイモに、トマトソース+ニンニクヨーグルト+唐辛子バターをかけた創作料理。イシケンデル ケバブを意識しました。
ノフット ピヤズィは、レモン汁とオリーブ油に浸けて冷やしたもの。レモン汁を少し減らして、酢を入れました。

◆おまけ◆
先日の、謎の赤い実。(〝盗って…いや、採って来ました〟参照)
ローズヒップだと判明し、食べ方を知らない私は、生のまま食べてみました。
苦マズイ!!・・・皮と、そして種だけ。
pdi061006.jpg

た、大変!

その①
深夜0時半ごろ帰宅したイスマイル。
帰ってくるなり「9時半頃に、店のお茶作るところ(=流し)の大理石が落ちて割れたから、いままで掃除してた。」と。
トルコではポピュラーな大理石の流し台。
両端はブロックを積んでセメントで固め、その上に大理石で出来た流しを置いたもの。
店を始めて1年余り。そんな簡単に壊れるものなの?
店のものは、60cm×200cm×3cmくらいの1枚石。
流し(石)の下の真ん中辺りに支えるものが何もなく、上にのせてあるチャイを作る道具の重みに耐えられなくなったらしい。
早く作り直さないと、お茶も作れないし、大変じゃん!店の営業も出来ないね。
こんな↑ことから今日が始まりました。

その②
朝(10時半過ぎに)起きて、イスマイルは店のこともあり、身支度をしてすぐに出かけてしまいました。
布団から出られず、それから30分くらいしてやっと起きた私。
布団をたたんで、顔を洗いに・・・えっ!?
大変!水が出ない。また断水かよ!(←昨日も一昨々日も断水してた)
こんな事はしょっちゅうで、でも、いつも突然起きるので、水はペットボトルに入れてとってある。顔を洗ったりトイレで使う水くらいは何とかあるけど、でも水が出ないって結構困る。洗濯も拭き掃除も出来ないよ。

その③
家にいても水が出ないからやることもないし、用があったので出かけることにしました。
昨夜のこと。
アイスの素と牛乳を(キッチンロボットの)ミキサーに入れ、スイッチon!
ガガガガガーーーーーッ。その数十秒後、スイッチoff。
ん?臭い。やっぱ壊れとるのかな?コレ・・・
げっ!煙りーっ?!←キッチンロボットの後ろからモワモワと。
いつ頃だったか、使ったあとにプラスチックが焼けたような臭いがしてモータの辺りが熱くなっていたことに気付き、でも、トルコの製品はこうなるものなのかと勝手に思い込んでました。
だけど少し心配なので、使う時は気にするようにして。
何度も使っているうちに、短時間で熱くなって臭うようになり、回り方もゆっくりになったり止まりそうになったり。
そして、夕べの煙り。

メーカーに着き、簡単なトルコ語で説明。
電源を入れて確認してくれました。
「コレは預からせてもらいます」
やっぱ、壊れてる!?もう少し長く回してたら、発火して・・・大変な事になってたかも。コワッ!

無事にロボットをメーカーに渡し、買い物をして帰宅。

しばらくして、ジャポンアイシェがお別れに来てくれました。
彼女は明日の飛行機でイスタンブルへ。そして、その後、日本へ。
約1年のトルコな生活、お疲れさま(?)でした。
また会う日まで、お元気で。

その④
午後3時半ごろ。「夕飯、なに作ろーかなぁ」と考えながらネットを少し。コメントの修正をしようと自分のブログへ。
あ!新しいコメントがある!
早速読んで、yukacanさんのブログに。コメントの書き込みをし終えた直後、イスマイルから電話がかかってきました。
「簡単に言うから、よく聞いて。」
なんだ?と思いながら返事。
続きはこちら
      

続きを読む »

盗って…いや、採って来ました

またまた、またしても、イチジク狩りとリンゴ狩り♪その他もろもろ。
従兄の畑で、イチジクとリンゴをとってきました。
町に戻ってきたら、丁度ウチの前に従兄の姿。
イスマイルはちゃんと、盗って・・・いや、とって来たことを伝えたので、もう、盗ったなんて言えないよ。
従兄の家に行って「アナタの村で採って来たの」って、奥さんにイチジクとリンゴを渡したし。
「ウチの村で!?」なんて、眼をま~るくしてた。
↑行った事じゃなくて、行って盗って来たことにビックリしてたのかな?
pdi061004a.jpg

黄色っぽいイチジク、超デカイでしょ。
この前の白イチジク(〝イチジク〟10月1日参照)とは、また違う種類なんだって。
形も、普通のイチジクよりぼてっとしてて、あくびちゃんが出てくる壺みたい(?)
その隣の赤い実は、畑に行く途中の道で発見!
pdi061004c.jpg

イスマイルはクシュブルヌ㊧とイェミシ㊨って教えてくれたけど、辞書で調べたらクシュブルヌは載ってなくて、イェミシは〔果物,果実;イチジク〕
「イチジクって書いてある!」って、びっくりして言ったら、アイドゥン(トルコ(南)西部にある)の方ではイチジクのことをイェミシって言うんだって。この辺ではこの実のことをイェミシって言うんだそう。
クシュブルヌは、ジュースの素にRosrhipって書いてあって、写真↑の実(ちょっと太めだけど)と絵↓の実がそっくり!
pdi061004d.jpg

これって、ほんとにローズヒップなの?
だったらスゴイ発見!キレイになれるじゃん!
近いうちに摘んでこよ!

右下のフサフサして見えるのは、イガグリ。
その上には生(←ナマって呼んで)のアジサイ!?
色が悪くて枯れてるように見えるけど、実際には紫と青と緑で、もっとキレイ☆です。
秋なのに初夏の花?なんで?
こっちのアジサイは、秋に咲く?いや、6、7月から咲いてたぞ。
トルコの摩訶不思議。

【今日のメニュー】
メレメン(トマト味のたまご料理)、クスル(引き割り小麦のサラダ)、チョルバ(チキンとたっぷり野菜のスープ)、ピデ(薄焼きのパン)
pdi061004b.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

シィ

シィ

シィのBlogへようこそ♪
メインサイトへは、リンクの『トルコのここ!』からどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。