トルコ@気のむくままにっ記

トルコ北東部、観光ガイドには載っていない田舎で、の~んびりした毎日を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また会える日まで 1/13

昼から、用もないのにナッツ園に連れて行ってもらいました。
近所のフセインさんの家へ遊びに行って、そこからセムラ(フセインさんの長女)を連れて、フルマ(柿)を採りにナッツ園へ。
柿といっても、前にもこの日記で紹介したビー球くらいの小さなもので、やっと食べごろ。
pdi080113a.jpg
こんなにシワシワ・・・だけど、このくらいにならないと渋くて食べられません。
味は、種が多くて実が少ない干し柿のようです。
食べられないころのフルマははこちら(下から2番目の写真)

ナッツ園には、生まれたばかりの子犬の他には誰も(ワンコ)いませんでした。
イスマイルが木に登ってフルマを採っていて、それを見上げていたら、いつの間にかチャクルが足元に。
チャクルだけがナッツ園にいたようで、お腹をた~っぷりスリスリしてあげました♪

フルマを採ったら何もすることがなく(フルマ採りも無理矢理作った用事)、フセインさんの家に戻ることに。
歩きだったので、着いてこようとしたチャクルをiso「シッ!」と追い払い、そこからはきませんでした。

200mくらい歩いた先で、ちょっと寂しそうな、悲しそうなチャクルの鳴き声が聞こえてきました。
iso「チャクル、今日が最後ってわかったみたい。でも、2~3年後に会ってチャクルって呼んだら、絶対覚えとるよ。犬は、最初の自分の名前、絶対忘れないから」

また戻ってくるからね、チャクル。
今日会えなかったボンディリもちっちゃいも、またここで会おうね。
それまで、みんな元気に、仲良く、この近くで暮らしてね。

今度会えるときまで


バイバイ


ポチッと応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪
スポンサーサイト

その後のチャクル 1/12

チャクルは、左前足が地に着かないようにしていました。
pdi080112b.jpg
寝転がったところで見てみたけど、昨日聞いていたように外傷はなく、あっちこっち動かしても痛がりません。
pdi080112a.jpg
でも、イスマイルが触ったら、突然、鳴いて逃げてしまいました。
iso「何か踏んだかな?」と言っていたので、足の裏が痛いみたい。
でも、走っているときなんかは時々足を着けているので、大したことはなさそうです。
日記をご覧の皆さん、ご心配をおかけしました。

今日が、もしかしたら最後かもしれないので写真を撮りました。
ボンディリは近寄るとすぐにひっくり返ります。
pdi080112c.jpg
たっぷりお腹をスリスリしてあげました。
pdi080112d.jpg
まだ会えるかなあ。。

ちっちゃいは逃げてしまって、写真を撮ることができませんでした。
半年一緒にいるけど、ちっとも仲良くなれず。
何をしたわけでもないのに、懐かないワンコもいるんですね。

ポチッと応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪

チャクルの足が 1/11

イスマイルがナッツ園に、昨日できなかった用事をしに行ったそうな。
今日は、ボンディリもチャクルもちっちゃいも、みんな戻っていたらしいけど、チャクルの足が・・・。
左前足をかばうようにして歩いていたから、見てみたらしいけど、外傷はナシ。
iso「誰かに何かされたかなあ」って言っていました。

ストーブ用の薪がわずかになったので、明日ナッツ園に薪を取りに行きます。
どんな状態なのか、見てこよう。

ポチッと応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪

ちょっと寂しいけど 1/10

ナッツ園に最後の片付けしに行ったら、ボンディリもチャクルもちっちゃいもいませんでした。
呼んでも呼んでも、どこからも出てこなくて、1時間くらいいたけど姿現さず。
もう随分大きくなったし、私たちの役目は終わったのかな。
ちょっと寂しいけど、これからは野良としてたくましく生きてほしい。
最後の片付けって書いた↑けど、今日できなかった分があるから、今度ナッツ園に来たときはいるかな?
あと何回会えるんやろ。

ポチッと応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪

子沢山になりそうです  12/29

仕事&薪を取りにナッツ園に行きました。
キャンキャン
どこからか、子犬の鳴き声。
日曜日にナッツ園に来たときも子犬の鳴き声を聞いて、アイシェヌルと探しに行ったけど、一度だけの鳴き声だったから探しても見つからなかったんです。

今日こそは、探せるかな?
さっき聞いた鳴き声を頼りに、その方向へ行ってみました。
でも、もう鳴き声は聞こえてきません。
その辺をあっちこっち探したけど見つけられなくて、諦めて戻ろうとしたら、私について来ていたチャクルが「こっちだよ」と言っているかのように、振り向きながらさらに奥へと歩いていきます。
「まさか」と思いながらついて行くと、、

あらららららら~

チャクルは、私が子犬たちを探していることがわかったのでしょうか?
不思議だあ。。

チャクルの行った先、獣道の脇から子犬たちが!
可愛い~♪
人間を見たことがないのか、怖がることなく寄って来て、しゃがみ込んだ私によじ登るわ、顔をペロペロするわ。。
いつ生まれたのか、まだ私の靴の大きさ(23cm)ほどしかありません。
超可愛い~♪

写真を撮ってきたので、見てやってください。
写真をクリックすると見やすくなると思います。(別窓)

チャクルも子犬(推定生後6~7ヶ月)なのに、この子たちと一緒だと大きく見えます。
pdi071229a.jpg

pdi071229b.jpg

では、ひとりずつご紹介♪
4姫2太郎ですよ~。(どの子が♂の子かは忘れました)

バディ似がひとり↓
pdi071229e.jpg

チャクル似がふたり↓
pdi071229f.jpg

pdi071229g.jpg

ちっちゃい似がふたり↓
pdi071229c.jpg

pdi071229d.jpg

この子は、、?
pdi071229h.jpg

この子犬たち、バディ、チャクル、ちっちゃい似にてると思いませんか?→ベビ写真はこちら
きっと、ママワンコはバディ、チャクル、ちっちゃいのおかあさん
パパワンコは・・お隣の家のワンコのような気がする。

ってことは、、、
また子育て放棄ですかあああああああああああ?

ポチッと応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪

ボンディリと♪ 12/9

天気がよく、とても暖かい日曜日。
こんな日は、毎週恒例となったイワシBBQ日和です。
昼から、ナッツ園に友達が集まりイワシBBQをするので、午後10時過ぎ、まだ早いけど友達の子供を連れてナッツ園へ。
ナッツ園には、電話で連絡しておいた甥っ子2人がすでに来ていました。

枯れた胡桃の木があるので、それを伐りに、みんなでナッツ園(とは言っても山)の上の方に行きました。
チェーンソーがあると、楽チンですね!(って、私が伐っているわけではないけど)
胡桃の木は、あっという間に伐られて1~1.5mの丸太になり、ジープで運びました。
丸太は更に3~4等分され、ストーブ用の薪の長さに。
これで、日本に帰るまでのあと1ヵ月(ずっと1ヵ月って言っているような気がする・・)、過ごせます。

午後2時頃から友達が集まり始め、やっとイワシ到着。
今日は魚屋さんにイワシが届くのが遅くて、届いたのは午前11時半だったそうです。
炭は熾してあるので、イスマイルが網にイワシを並べ、焼きます。
pdi071209b.jpg

網2枚分が焼けて、さあ!食べよ♪
と思ったけど、イスマイルは次のイワシを焼く準備。
いつもなら、そんなことお構いなしでお先にいただきます!なんだけど、友達は誰ひとり奥さんを連れて来なくて、女私だけ。
だから、ちょっと遠慮して、2回目の網2枚分が焼けてからいただきました。
おいし~っ♪
この次を焼く準備したら、みんなお腹いっぱいになって満足なようで、〝あとで〟
わ、私のお腹は?

夕方になって、焼き(じゃが)いも♪
pdi071209c.jpg
ホクホクでおいし~っ♪

pdi071209e.jpg


薪の木を切っているとき、ボンディリと記念撮影。
今までツーショットで写真を撮ったことがありません。
チャクルとちっちゃいは捕まえるのが大変だけど、ボンディリはすごく人懐っこい。
誰が近寄っても、すぐにひっくり返ります。
pdi071209d.jpg
足で転がされようが、何されようが、されるがまま。

でも、抱っこ慣れはしてないからか緊張?
pdi071209a.jpg
背筋、ピーーーン!(笑)

応援クリック→b_01.gif
ありがとうございます♪

久々の登場! 12月13日

最近、また食いしん坊バンザイ!ブログになっているので、、、

久々に、ポチ登場♪
どこで何していたのか、浮浪犬になってしまったポチ。
シェパードなのに…誰に似たのかねぇ。
アンネ(お義母さん)や姪っ子から、目撃情報はいくつかあったけど、数ヶ月ぶりの再会。
体がひと回り大きくなってました。
pdi061213e.jpg

体は大きくなったけど、この表情は子供(子犬)の頃と変わらない。
pdi061213d.jpg
白目みたいでコワイけど、ホントはもっとかわいいよ!
ポチ、お帰り~っ

おぉーい!ポチーッ!

イスマイルと二人で、ジープ仲間のイスマイルさんの職場に行きました。
ここは、小さな工場がいくつも集まった場所。
pdi061103a.jpg
車の修理、建具や家具の製造、大理石関係など、いろいろ。

イスマイルさんの仕事は、電気関係。って言っても車の、デス。
イスマイルはジープの調子が悪くて見てもらいたかったみたい。

このお店は、イスマイルさんの自分のお店で、ここで犬を飼っています。
休みの前には、町の家に連れて行くんですけどね。

名前は『ジェシ』まだ生後3ヶ月くらいです。カワイイでしょ。
pdi061103b.jpg

おぉっと~!
pdi061103c.jpg
カメラを向けてたら、飛びつかれそうになりました!

2ヶ月ほど前に、ジェシの兄弟犬をもらうとか、もらわないとかって話があったけど、飼う所がないし、浮浪犬のポチもいるので諦めたんです。
でも、ジェシ見てるとカワイイので飼えばよかったかな?なぁ~んて。

ウチのポチは行方不明になってしまったし…。
ポチは今、どこで何をしてるんだろう。
おぉーい!ポチーッ!

顔はシェパードなんだけど

ファットマ(お義姉さん)の家にオレンジ入りチーズケーキ(失敗作)を持って遊びに行った。
味は間違いないけど、気に入らない。そんな失敗したケーキを持っていく私も私だ。
ファットマもメリケも「ギュゼル」とは言ってくれたけど、トルコ人って何でも「ギュゼル」って言うから信用できない。
ほんとのところはどうなんだろ?

ジャポンアイシェも加わって、みんなで散歩がてら親戚の家に遊びに行く事になった。
15分ほど歩いて着いた親戚宅。そこでワンちゃんがお出迎え。
そのワンちゃんを見て、あまりのかわいらしさに笑いが止まらなかった。
顔はシェパードなんだけど、ダックスフンドのように超短足!しかもおデブ。
こんなチビデブ犬見たことない!とっても愛嬌があってかわいらしい。
デジカメ持ってたら撮りたかったよ。今度行くときは絶対カメラ持って行こう!

庭にはバラが何本も植えてあり、まだ小さいけれどペチュニアやマリーゴールド、ケイトウが花を咲かせていた。
お世辞にもオシャレだとは言えないけど、トルコ(この辺だけかな?)では珍しいガーデニング。
でも、ここの古びた家がその庭とマッチして、すごく素敵だった。花に囲まれて、癒されるなぁ。
数種類の植物とバラの花を頂いた。
pdi060526.jpg

pdi060526a.jpg

ポチ5

朝、イスマイルが仕事に出かけた。ポチはいるかな?バルコニーから見下ろす。村に帰ったのかな?
イスマイルがジープに乗り込みエンジンをかけると、斜め向かいのアパートメントの陰からポチの姿。あ!いた!
ジープが動き始めると、後を追いかけて行ってしまった。それから昼になっても夜になってもポチの姿を見かけることはなかった。
イスマイルが仕事から帰り、ポチがいないことを話すと「村ニ連レテ行ッテ、殴ッテ縛ッテキタ」
殴ったんだ。縛るのは仕方がないけど…かわいそうなポチ。
こうしてポチの家出は終わった。

ポチ4

昼にポチがいないので郵便局に手紙を出しに行った。久しぶりに海沿いの公園近くまで出かけたので、少し公園を歩いた。
公園内のバラの広場は、去年から今年にかけてバラを植えているのでまだ小さく、バラは数えるほどしか咲いていなかった。
藤を見つけ、写真を撮った。藤は結構散っていて、もう終わりの時期みたい。

そこからお義姉さんの家に向かい、途中でジャポンアイシェを誘いに家の近くに行くと、アイシェの家の前にある公園に、見た事のある犬。
こんなところでポチが1人(1匹)で遊んでいた。見つからないように歩いたつもりが、やっぱり見つかってしまった。
5秒ほどじっと私を見て、こっちに走ってきた。(5秒間何を考えていたんだろ?)
立ち止まってポチと話して(?)いると、近くにいた子連れのおネエさんが犬に絡まれ(?)て困っていると思ったらしく寄ってきた。
「ブ ビジム(私の犬)。キョイダン ゲルディン(村から来てしまったの)」それを聞いて彼女、笑っていた。
ポチを連れ(っていうか、勝手に付いて来る)アイシェを誘う。アイシェもポチにビックリしていた。

お義姉さん、ちょうど出かけるところで家の前の坂道で立ち話。
ボトボトボトッ!!
生コン車がセメントを撒き散らし(?)ながら通り過ぎ、逃げ遅れたアイシェは…
そして、お間抜けなポチは、セメントの中を歩いてセメントの靴下を履いていた。

ポチ3

朝、夕べは帰ってないのか、下にポチの姿。きょうで3日目になる。
野良犬たちが多いから、ポチにとっては友達がいっぱいいる楽しい町。
このまま街に棲みついたら、首輪はしてても野良犬化してしまう。どうなるポチ?!

ポチ2

朝1番でバルコニーからポチの姿を探す。が、いない。
夕べ、村に帰れたのかなぁ?シェパードは頭が良いはずだけど、私の子だからなぁ…心配。
犬だから、捜しようがないので放っておいた。
昼にイスマイルから電話。
「ポチ、今日ノ朝村ニオッタラシイヨ」「誰が言ったの」
「サッキ、サメットガ来テ朝ポチノコト見タッテ」「そぉなんや」
「1人(1匹)デ帰レルカラ心配シナクテイイネ」「そやね」
それを聞いて一安心。

夕方になったころ、チリン~チリリン~♪あれ?ポチの音?急いでバルコニーに行き見下ろすと、やっぱりポチがいた。
村からまた、下りてきてしまったみたい。
すぐにご飯を用意してポチの元へ。「ポチ、どこ行っとったのー。昨日は村に帰ったんやってね。きょうもこれ食べたら帰らないかんよ」
犬と会話する変な日本人に、隣のアパートメントから出てきたトルコ人からの冷たい視線。
ご飯だけあげて、家に戻った。ときどきバルコニーからポチの様子をうかがう。
雨が降ってきても、ずーっとジープの前に座って離れようとしないポチ。イスマイルのことが大好きなんだなぁ、ポチ。
そして、夜が更けていった。

ポチ

夕方、イスマイルから電話「アノ人、来テルヨ」「だれ?」「アノ人。大キイバルコニーカラ見テ」「うん」
すぐにバルコニーへ行き、見下ろす。「あ…」イスマイルと一緒に歩いていた人は、ポチ。ポチが村からやってきた。
店の前を見たことのある犬が通り「ポチ」と呼んだらこっちに来たという。
村(実家)の向かいのヌリイェに付いてきたらしい。
イスマイルを見つけたから、もう離れない。困ったイスマイルは私のところに連れてきた。
私にポチの相手をさせ、イスマイルは逃げていった。
ポチをここに置いて家に戻るわけにも行かず、村の方に歩いて向かった。
途中まで行けば帰ってくれると思ったけど、私のことが(多分)大好きなポチ、離れるわけがない。
結局家に戻り、ポチと散歩をしただけ。かわいそうだけど、ポチを置いて家に入った。

しばらくしてマハムットが帰ってきた。(←きょうはウチでお泊り)
「マハムット、ドゥシャルダ ポチ ワルム(外でポチいた)?」「ワル(いたよ)」
まだ居たんだ!お腹が空いてるだろうと、ポチにご飯をあげようと思って、下まで行った。
が、いない!ご飯の用意している間にいなくなってしまった。

そして、イスマイル帰宅。「ポチ見た?」「イナカッタヨ。村ニ帰ッタンジャナイ?」「そうかもね」
チリン~チリリン~♪3人でテレビを見ていたら、ポチの鈴の音。すぐにバルコニーへ行って見下ろした。
「ポチだ!ご飯あげてくる!」玄関で靴を履き、
「ひゃぁあああ~~~~~~~~っ!」「ドウシタノ?」「ネ オルドゥ?」ふたりがビックリして飛んできてくれた。
「靴、くつ…」足を臭ってみた。臭い!「ネゴのおじっごぉーーーーーーーー」
どこから来たのか、ご丁寧に猫が私の靴の中にオシッコをしていってくれた。
泣く泣く靴下を脱ぎ捨て足を洗って、ポチの元へ。
「ポチ、お腹空いた?ご飯持って来たよ。これ食べたら村に帰ってぇね」
その後のポチの行方は・・・??

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

シィ

シィ

シィのBlogへようこそ♪
メインサイトへは、リンクの『トルコのここ!』からどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。